留学・海外留学なら留学ワールド

ニュージーランド留学 費用について

ニュージーランド
以前は費用を抑えやすいといわれていたニュージーランド留学。たしかに主要な英語圏の中では安めに留学ができますが、それでも年間100万円以上の留学資金が必要です。

こちらでは、ニュージーランド留学で人気な語学留学ワーキングホリデー大学留学中学・高校留学別にかかる費用と節約術、注意点などについてご紹介します。

ニュージーランド留学費用の内訳

授業料・学費:学校によってさまざま

ニュージーランド留学
学費は留学中の費用で最も大きな割合を占めます。語学学校は基本的に「○週間」単位で計算され、専門学校や中学・高校は「1学期」ごと、大学・院は「1年」ごとの提示が一般的です。中学・高校や大学の場合は「私立・公立」かによって学費の相場も変わってきます。

ニュージーランド語学留学の費用
ニュージーランドワーホリの費用
ニュージーランド大学留学の費用
ニュージーランド中学・高校留学の費用

滞在費(家賃・光熱費)

アパート
ニュージーランドは家賃が高くなってしまうことで有名です。ホームステイ、学生寮などの居住費や、シェアハウス・シェアルームの家賃・水光熱費は、留学費用の中で最も高額な出費の一つです。滞在のスタイルや、立地が都市部か郊外かで費用は大きく変わりますが、一般的にホームステイ・寮は高く、シェアハウスは安くなります。

オークランドアパートメントハウスについて

滞在費用(家賃・光熱費)の目安(1ヶ月)
  • ホームステイ:9万円-
  • 学生寮:10万円-
  • シェアハウス(光熱費込み):5.1万円-

生活費

スーパーでの買い物
留学生活の仕方によって出費が大きく上下するものの、節約も期待できるのが生活費です。特に食費は毎日自炊をすればかなり節約ができます。

ニュージーランドの生活について

生活費の目安(1ヶ月)
  • 食費:1.5万円
    ※毎日自炊をする場合
  • 食費:3.5万円
    ※頻繁に外食をする場合
  • 日用品・消耗品:1,500円-
  • 交通費:5千円-1万円
  • 通信費:1,500円-
  • 交際費:1万円-

渡航費

飛行機
ニュージーランドまでの往復の渡航費は、渡航時期、利用する空港、直行便か乗継便かなどによって10万円前後変動します。

ハイシーズンはゴールデンウィーク、夏休み、年末年始などで、1月、4月、5月、7月、8月、12月は比較的渡航費が値上がりします。一方、それ以外はローシーズンで、特に3月と6月は安いチケットが手に入りやすいのでおすすめです。

航空券費用の目安
  • 経由便(ローシーズン):6.5万円-
  • 経由便(ハイシーズン):9万円-13万円
  • 直行便(ローシーズン):9万円-
  • 直行便(ハイシーズン):12万円-20万円
※経由便:ニュージーランド航空、カンタス航空、エアチャイナなど
※直行便:ニュージーランド航空、全日空など

海外旅行・留学保険

保険の申込書イメージ
もしもの時に備え、海外旅行保険には必ず加入しましょう。そもそもニュージーランドでは、法律によって留学生の保険加入が義務付けられています。加入する保険は、日本のものでも現地のものでもよいですが、日本の保険は日本語対応をしてもらえたり、キャッシュレスで医療が受けられたりと安心なのでおすすめです。現地の保険は比較的安く済みますが、申し込みや対応がすべて英語など、不便な部分が多いです。

保険料は保険会社やプランによって大きく異なりますので、しっかり比較・確認をしてください。また、保険の加入は空港でも可能ですが、インターネットでの加入手続きのほうが安く済みます。

海外旅行保険・留学保険の目安(1ヶ月)
  • 日本の保険会社:1万円-1.5万円
  • 現地の保険会社:1万円-3万円

その他諸費用

コイン
上記以外にも、学校の入学金、教材費、滞在先手配の手数料、ビザ申請時の健康診断費用、パスポートの申請料、有料の場合はエージェントの手数料が必要となります。ビザ申請に関しては、日本国内からの申請は無料となっていますのでお得です。

その他の費用の目安
  • 入学金(語学学校):1.8万円
  • 教材費(語学学校):6千円
  • 観光ビザ申請料:無料
  • 学生ビザ申請料:無料
  • ワーホリビザ申請料:無料
  • 健康診断費用:1.1万円-3万円
  • パスポート費用
    ・5年間(12歳未満):6,000円
    ・5年間(12歳以上):1.1万円
    ・10年間:1.6万円
  • 留学エージェント費用(有料):5万円-10万円

ニュージーランド留学種類別費用の解説

ニュージーランド語学留学の費用

4週間 約35-50万
3ヶ月間 約70-120万
半年間 約130-220万
1年間 約240-370万

学校次第で大きな差!授業料はしっかり比較を
語学学習道具
語学留学の費用で大きな節約につなげられるのが学費のカットです。学校選び次第で、長期的に見ると何十万円という額を抑えることができます。

一方で、安いゆえ妥協しなければいけないポイントもあります。特に「格安校」と言われる学校では注意が必要です。以下に挙げるデメリットを、学校を選ぶ際にしっかり確認してください。

格安学校の注意点
  • 1クラスの人数が多く、先生に指導してもらえる時間が減る
  • 校内設備や、講師・スタッフ陣への投資が不十分で、サービスが適当
  • いわゆる「ビザ目的」の学生が集まりやすく、勉強のモチベーションが低い
  • 経営難で途中でコースがなくなったり、学校自体が閉校してしまう
以下の表では、ニュージーランド・オークランドの語学学校の一般英語コースをフルタイムで通った場合を想定して学費を比較しています。どれくらいが相場なのかを確認しておくと、見積りなどを見た時に「高い・安い」をより冷静に判断することもできます。

ニュージーランドワーホリの費用

ワーホリ1年間の費用の相場
学費※1 約35-40円
生活費 約72-82万円
滞在費 約84-94万円
航空券、海外保険、ビザ費用など雑費 約30万円
お給料※2 約-125万円
合計費用 約95-120万円
※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください。(1NZD=70円で計算、2019年8月現在)
※1 3ヶ月を想定しています
※2 最低賃金で1日5時間、週5日、9か月間働いた場合を想定しています。また、所得税を控除するまえの金額になっています

アルバイトで節約!年間100万円以下で海外生活
バックパッカーの女性
ニュージーランドのワーキングホリデーは自由度が高く、最長6ヶ月間の就学と1年間の就労が認められています。ワーホリメーカーは3ヶ月程度語学学校に通う場合が多く、ほかのタイプの留学と比べると学費の占める割合は少なくなります。そのため、アルバイトでしっかり稼ぐこと、日常生活で節約を心掛けることが、費用を節約するうえで大切です。

以下はニュージーランドでワーホリをした場合の費用の目安です。実際にはこちらに航空券代、健康診断費用、海外旅行保険費用などが追加されますが、そちらは費用の内訳をご確認ください。


ニュージーランド大学留学の費用

大学に1年通う場合の目安 ※1
学費 約120-220万円
滞在費 ※2 約120-140万円
生活費 約72-82万円
保険 約24万円
合計費用 約340-470万
※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください。(1NZD=70円で計算、2019年8月現在)
※1 学士号修了には3年かかります
※2 大学の寮を利用した場合です

要注意:留学生の学費は現地学生の3倍ほど
大学の卒業式の様子
大学の学費は「ドメスティック」などと称される現地学生は1年で6千ドル-8千ドル前後になります。しかし、留学生だと非常に高く3万ドル-4万ドル(220万円-300万円)近くになることもあります(フルタイムで単位取得の勉強をしていると仮定)。価格は専攻によって大きく前後し、医療、建築、エンジニアリング、薬学などの専門性が高い専攻は、より高い学費となると考えてよいでしょう。

もし、進学に必要な英語のレベルに達していない場合は、それを補うために語学学校に通ったり、1年の準備課程「ファウンデーションコース」を受講する長期留学の必要も出てきます。その場合、「卒業までにかかる費用」を考えるにはこの準備のための学費や滞在費なども確認しなければなりません。

滞在方法は、1年目は大学の寮やホームステイが一般的です。現地の環境や勉強に慣れてきた2年目以降は、学生同士のシェアハウスやルームシェアで滞在費を節約しましょう。

ニュージーランド中学・高校留学費用

学費 約95万円(公立)-140万円(私立)
生活費 35万円
滞在費 ※2 約85-110万円
保険 約20万円
ガーディアン費用 ※3 約30-35万円
合計費用 約265(公立)-340万円(私立)
※上記の表は留学にかかる費用のおおよその目安としてご参照ください。(1NZD=70円で計算、2019年8月現在)
※1 オークランドやその近郊の高校に通う場合を想定しています
※2 ホームステイで食事付きの滞在を想定しています
※3 現地での保護者役として手配されます

公立・私立、寮・ホームステイで大きな差。短期で通う場合の費用も参考に
高校の授業の様子
ニュージーランドの高校留学の大きな利点としては、留学生でも学費が割安である公立の高校に通えることと、短期での入学も可能であることです。校風が自分に合うかどうかの「お試し」として数種類の短期留学も可能ですが、正規留学の場合は通常1学期間以上の受け入れとなります。

滞在方法はホームステイが一般的ですが、私立校などでは学生寮が置かれていることもあります。どちらを利用するかで総合費用も変わってくるので比較の際はご注意ください。

以下の表では、公立高校と私立高校で1学期間の短期留学と1年間の長期留学をする場合の費用を比較しています。

ニュージーランド留学費用の節約方法

節約のコツ1.
プロモーションやキャンペーンの活用で学費を節約

セールのイメージ
留学費用の節約面でも有力なのが授業料を抑えることで、語学留学の場合は特に効果的です。

一番の方法はキャンペーンの利用です。授業料の割引・〇週間分の授業を無料で追加・1週間の授業時間のアップグレード・申し込みの特典など様々な形があります。情報は学校のウェブサイトや留学エージェントへの問い合わせで確認できます。

また、語学学校の授業料は毎年少し値上がりする傾向にありますが、「来年の入学でも今年中に手続きすれば今年の料金でOK」というルールで授業料を抑えられるような、早い者勝ちの利点もあります。費用面からも、語学学校選び・決定を早めに行うことは非常に大切です。

大学、カレッジ、専門学校や中学・高校が学費の割引をすることはほぼありませんが、いくつかの学校を比べて判断するという方法があります。一般的に、公立の学校より私立の学校の方が高額になり、中高の場合はさらに寮滞在にするかホームステイ滞在にするかで費用が大きく異なります(学費と滞在費は別々で提示されます)。

節約のコツ2.
渡航時期の変更で航空券・学費・滞在費の節約

旅行グッズ
留学に行けるような時期は夏休み、年末年始などですが、そのような時期に渡航すると渡航費だけでなく、学費や滞在費も高くなります。

留学・旅行ともに利用者が多いゴールデンウィーク、夏、年末年始などのハイシーズンは、航空券の値段が割高で、場合によっては5万円以上損をすることになります。もし出発時期に融通が利くのであれば、旅行・留学の閑散期に行くほうがおすすめです。

また、語学学校の授業料や手配している滞在先の料金も繁忙期には追加料金が必要になることがありますので、留学時期の見極めが必要です。

南半球であるニュージーランドは、留学や旅行のピークシーズンが北半球の国々と少々異なります。人気の時期、つまり追加料金がかかるのは現地の夏、12月から2月にかけてのの季節になります。スキーリゾートなどウィンタースポーツの名所だと、旅行客などからの需要がアップする現地の冬、6月から8月頃が要注意です。ただし、航空券の費用は日本の長期休みに当たる時期ほど高くなります。

節約のコツ3.
行き先の都市・滞在先を変えて居住費・生活費を節約

ニュージーランドの地図
授業料は惜しみなく出せるけど、できれば居住費・生活費は節約したいという方は、思い切って留学先の都市を変えてみるのがおすすめです。

語学学校の授業料は、価格競争の激しいオークランドなど大都市の方が差が大きく、いわゆる格安校を見つけられるのもそのような大都市になります。一方で、地方都市は価格競争が起こりにくい分、学校の授業料は高めです。しかし、物価が低いため居住費や生活費を安く抑えられます。シェアハウスなどの家賃に関しては、大都市と地方では月数万円の差が出ます。地方に行ったからといって、学校の授業内容の質が落ちるわけではありませんので、居住費・生活費の節約に焦点を当てたい方は、郊外・地方での留学も検討してみてはいかがでしょうか。

また、滞在先はホームステイや寮よりもシェアハウスのほうが圧倒的に安いです。大都市に住みたいけど居住費はなるべく削りたいという方は、郊外でのシェアハウスがおすすめです。

節約のコツ4.
現地でアルバイトをして生活費の節約

カフェで働く女性
ニュージーランドの場合は、留学生は学生ビザ、またはワーキングホリデービザの取得で現地でのアルバイトが可能になります。現地でしっかり働けば、生活費を大幅に節約することができます。

ワーキングホリデーの場合は学校に通わなければならないという縛りがないので、通学を短期間にして授業料を抑える+アルバイトという形で費用節約ができます。ただし、学生ビザは特定の学校に長期間通う場合のみ* 取得できるので、自然と授業料など初期段階で支払う金額が多くなってきます。海外生活を楽しむことがメインであればワーホリビザを、勉強することがメインであれば学生ビザを取得し、できる範囲でお仕事をして生活費に充てるのがよいでしょう。

ところで、お給料は日本食レストランなどの日系企業よりも、現地の企業のほうが高めな傾向にあります。しかし、ローカル企業に採用されるには高い英語力が必要です。効率よくお金を稼ぐには、ワーホリであっても語学学校に通ってしっかり英語を勉強することをおすすめします。

*政府機関、NZQAにより「カテゴリー1」の認定を受けた学校に14週間以上通う場合

節約のコツ5.
仕事と交換で居住費を無料に?!

ハウスキーピングをする女性
バックパッカーにお勧めなのがホステルのエクスチェンジの利用です。旅行者向けのホステルで受付業務やハウスキーピング(掃除)などの仕事をする代わり、そのホステルで割安、または無料で滞在できる制度です。居住費を大きく節約できるのが一番のメリットになりますが、一ヶ所に長期でとどまらないためにフラットを探すのが難しいという方には、泊まる場所を確保するためにおすすめなシステムです。

また、ニュージーランドでポピュラーなファームステイにも、滞在先を提供してもらう代わりに仕事をするエクスチェンジ型のものがあります。

節約のコツ6.
自炊など生活の工夫で生活費を節約

財布を持つ女性
生活費は、うまくいけば年間10万円以上の節約ができる部分です。最も効果があることでおすすめな方法は自炊です。外食はファーストフードであれば1食600円、しっかり食べるのであれば1食1000円以上と高くなります。シェアハウスなどキッチンが自由に使える環境にあるならば、積極的に自炊をして食費をカットしましょう。お昼ごはんをお弁当にするだけで、1ヶ月約1万5千円から2万円の食費が節約できる可能性があります。また、移動はなるべく徒歩にする、出先での出費を控えるようにするなど、心がけ次第で生活費には大きな差が出ます。

しかし、せっかく海外生活をおくっているのに我慢ばかりではもったいないです。自分のやりたいことをやるためにも、余裕のある留学資金の用意が必要です。

節約のコツ7.
無料のエージェントを利用する

カウンセリングの様子
留学エージェントには有料と無料の2種類がありますが、有料の場合は手数料として5万円-10万円ほどかかります。中には、留学手配の内容と金額が固定になっているものもあります、その場合、自分で手配できるもの(航空券やシェアハウスなどの滞在先)や不要なもの(空港送迎など)も、お金をかけて手配してもらわなければなりません。

留学の相談、学校の申し込み、ビザ申請、航空券手配、滞在先手配など、留学に必要な基本的な手続きは、無料のエージェントでも取り扱っています。留学準備費用を節約したい方は、無料のエージェントを利用することをおすすめします。

ニュージーランド留学費用の注意点

為替レートの変動や金額の上乗せ

為替レートの掲示板
学費・滞在費などは学校がニュージーランドドル(NZD)で請求を行います。しかし、日本から支払いをする場合は日本円での支払いになります。実際に日本円でいくらかかるかには、何円で1ニュージーランドドル相当になるのか、つまり為替レートが関係してきます。日本円で見た場合、円安の時に支払う金額は、円高の時に支払う金額よりも多くなるため損になります。

機関や企業によっては、日々変動する為替レートに対応するため金額を上乗せして請求をすることがあります。留学の申し込みの際は、為替レートの扱いについても確認しておくと、不要な出費を避けることができます。

プログラムに含まれるもの・含まれないもの

高いからダメ、と値段のみで学校を決めてしまうのは危険です。高めの授業料には、確認してみると参加無料のスタディクラブ、チュートリアル、放課後のアクティビティ参加費などのサービスが含まれていることがあります。

大切なのは、支払った分に対して妥当なものが提供されるていのかを見極めることです。サービスが充実していたり、学校の質が高かったりと、多めに出すことに納得できるのであれば、それは最適な選択と言えるでしょう。

ニュージーランドの物価

  • バスの初乗り(オークランド)
    $1~2.50(82~205円)
  • チェーン店のコーヒー1杯
    $4~(328円~)
  • 電車の初乗り(オークランド)
    $1~(82円~)
  • サンドイッチ+飲み物の昼食
    $7~(574円~)
  • タクシー代(オークランド)
    $2.15~2.70(176~221円)/ 1キロ
  • 平均的なレストランの食事
    $10~25(820~2050円)
  • シェアハウス家賃(オークランド)
    $560~800/月(45,920~65,600円)
  • 牛乳1リットル
    $3~(246円~)
  • 煙草1箱
    $18(1476円)前後
  • ビール1杯(570ml)
    $8(656円)前後
※上記の価格はおおよその目安としてご参照ください。
手数料無料で留学に行ける!
留学ワールドは留学の相談、申し込み代行を無料で行っているエージェントです(一部例外あり)。また、世界中様々な国や都市の留学を扱っておりますので、どんな予算にも合った留学プランの提案ができます。

さらに、「為替レートの上乗せ一切なし」「費用の一時保管はせずに当日現地へ送金」と、不要な追加費用を頂かないこと徹底しております。手数料無料のエージェントの中でもさらに安くご利用頂ける1社としてお客様の留学をサポートしております。

留学の相談は対面、メールや電話で承っております。どうぞ、ご利用下さい。

また、ニュージーランド留学説明会も東京、大阪、名古屋の3オフィスで定期開催しております。まずは全体の概要について知りたいという方、ぜひともご参加ください!


留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応