留学・海外留学なら留学ワールド

イギリス大学留学

大学留学
良質な大学は留学生にも人気
イギリスには約100校の大学があり、そのほとんどが公立です。オックスフォードやケンブリッジのように歴史が古く、町全体が大学というような場所もあり留学生からも人気があります。ただし、教育システムが日本と異なるため、入学準備には注意が必要です。
イギリスの大学学位の受講期間は一般的に学士は3年、修士は1年と日本より短めですが、本科とは別に準備課程を受講する必要が出てくると、結果的に合計就学期間は長くなります。

出願概要

必要な学歴・出願条件

イギリスでは5歳から16歳までが義務教育となり、大学進学を目指す場合はさらに2年かけて「A-Level」と呼ばれる共通試験を受ける、または世界共通の「インターナショナルバカロレア(国際バカロレア・IB)」のディプロマ資格を取ります。A-LevelかIBの資格保持が基本的な大学出願の条件となり、日本の「高卒」の学歴だけではイギリスの大学への直接入学はできません。
日本で高校を卒業した学生が一般的に辿るのはまず1年間の一般教養や学習の基礎を固める「ファウンデーションコース」を受講してから本科に入学する流れです。

英語力について

一般的に学士課程入学に求められるの英語力はIELTS試験6.0以上です。ファウンデーションコースの場合は英語力を伸ばすのもコンセプトのうちなので4.5-5.5でも受け入れ可能ですが、それでも英語レベルを高くするに越したことはありません。
イギリスの大学の多くはTOEFLやTOEICを英語力の証明として受け付けていないので、進学を検討中であれば早めにIELTSの対策を固めていくようにしましょう。

ファウンデーションコースについて

Foundation(ファウンデーション)とは「基礎」という意味で、ファウンデーションコースはその意味合いの通り、大学の本科に進むための学力や知識の基礎固めをする準備課程のことです。主に留学生を対象としたものを指しますが、「アートファウンデーション」など、現地の高卒に当たる資格を持っていても本科進級前に受講が必須となるものも、志望学科によってはあります。
イギリスでは、日本で言う小学校入学から高校卒業までの教育は13年に渡って行われます。そのため、日本など高校卒業までが12年という国から来た学生は教育期間が1年少ないとされ、直接大学に入学することはできません。ファウンデーションコースはその足りない1年を補うためのプログラムであり、良い成績で修了すればその後は大学本科へ進級することができます。大学自体がファウンデーションコースを開講していることもあれば、私立のカレッジや学校運営会社と提携して、提携学校でファウンデーションコースを修了した学生の入学を許可するケースもあります。


ファウンデーションコース提供の学校

Kings Education / キングズ・エデュケーション

その他の学校

イギリス大学留学の注意ポイント

大学出願
何を勉強したいのかを明確に
イギリスで大学に応募をする場合、順番としては「大学を選んでから学科を一つ選ぶ」のではなく「学科を選び、その学科に強い大学を選ぶ」ものとなり、そのため出願の段階で何を勉強したいのかを決めておく必要があります。学習内容も、一般教養はなく1年目から専門学習となるので、興味が薄い分野だと講義についていくのも大変になるかもしれません。

まとめ

概要・注目ポイント

  • 就学期間:学士の場合、通常3年(1年の就労体験などを課程の一環として含めている4年のものもあります)。
  • 一般教養はなく、1年目から専門的な勉強

出願条件

  • 学歴:「A-Level」または「IB」の資格で、指定の科目で必要な成績を納めていること。
  • 語学力:IELTS 6.0以上
  • その他:年齢が18歳以上

条件を満たしていない場合は

A-LevelやIB資格を持っていない

日本の高校を卒業していれば、1年の準備課程「ファウンデーションコース」を修了してから本科に進級することができます。また、日本の短大や大学ですでに1年の学習を終えていても本科への出願は可能です。

英語力が足りない

最終学歴が日本の「高卒」でさらに英語力が足りないということであれば、ファウンデーションコース受講中に英語力も伸ばせます。学歴の条件を満たしてはいるけど英語力が足りないのであれば、大学が「何カ月・何週間の英語補強コースを受ける」ことを条件とした「条件付き入学」で本科への受け入れを許可することもあります。

留学のご相談はこちら

10:00~20:00 10:00~19:00
メール受付は24時間対応