留学・海外留学なら留学ワールド

イギリス英語試験対策留学

試験対策留学
確実に英語力を証明する
英語能力試験の合格や高得点を持っていると自分の英語力の確かな証明になり、自信や達成感にも繋がります!

はじめは特にそのつもりはなくても、長期で学校に通ううちに、モチベーションを保つために試験合格を目指そうと思う語学留学生もたくさんいらっしゃいます。せっかくなので、挑戦してみてはいかがでしょう?

イギリスでできる試験対策コース

IELTS

TOEIC
IELTSはイギリスやオーストラリアなどの大学、大学院、就労などビザの申請時に提出が求められる試験です。Speakingのテストは実際に人とインタビュー形式で行います。

ケンブリッジ英検

ケンブリッジ英検
イギリスの名門大学、ケンブリッジ大学の一部のケンブリッジ大学英語検定機構が提供する英語能力試験です。結果は点数ではなく合否判断になり、検定合格に有効期限はないため、長くに渡って英語力証明をしたい人におすすめの試験です。

学校とコース選びのポイント

  • 指定の開始日

    一般英語コースは毎週月曜日に入学できることがほとんどですが、試験対策の特別コースは試験対策の勉強が終わったらすぐに受験ができるように開始日が事前指定されていることもあり、現地での試験日の回数が少なめのケンブリッジ英検対策のコースは特にこの傾向にあります。確定済みの予定等と被らず通学できるように計画や余裕を持って立てるのが賢明でしょう。

  • 試験官を務める講師

    試験対策の授業は、実際にその試験を採点する試験官の業務に携わっている先生に見てもらうと有力!高得点の理論だけでなく、実際の活動や経験を下にした適格なアドバイスがもらえるでしょう。

  • 公式試験センターとなっている学校

    学校が公式試験センターだと、普段から通い慣れた環境で受験に挑むことができるという大きな利点があります。上がり症で少し本番には弱いという方はこのポイントで学校のロケーション選びを検討してみるのも良いかもしれないです。

TOEIC・TOEFL対策は困難!
イギリスの主流な英語能力試験はIELTSで、ケンブリッジ英検も認知度は高めですが、日本などアジアで広く認知されているTOEICやアメリカで主流のTOEFLは逆に認知度が低く留学生からのニーズもあまりないため、対策コースを開講している学校が非常に少ないのが現状です。また、コース自体があっても生徒が集まらず閉講となる可能性もあります。
どうしても、という方は一般英語の授業を受けながら1対1のレッスンを特別に設計してもらうなどすると良いでしょう。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応