留学・海外留学なら留学ワールド

半年間のイギリス留学で何を学べる?費用とおすすめ語学学校もご紹介

半年間のイギリス留学で何を学べる?費用とおすすめ語学学校もご紹介
半年間の留学期間を確保できれば、実に様々なことを学び吸収できます。
イギリスの半年間の留学ならば、語学のみならずファッションやアートなど、様々な分野におけるスキルを習得できます。この記事では、イギリスへの半年間の留学でできることや留学費用などをご紹介します。また、おすすめの語学学校も解説しているため、ぜひご覧ください。

半年間のイギリス留学で何が習得できる?

半年間のイギリス留学で何が習得できる?
半年間、イギリスに留学できれば、語学力の向上はもちろん、他にも様々な知識・スキルを習得することができます。

ロンドンを中心として美術館やシアターも多いイギリスでは、ファッション・アート留学もできます。ファッション・アート留学とは語学力と共にファッションやアートのセンス・スキルを磨く留学です。

イギリスは美しく活動的な街が多く、ファッション・アートのインスピレーションを得ながら感性を磨けるでしょう。

特に、ロンドンにはファッションやアート、デザインなどの分野で世界でも有名なロンドン芸術大学があり、世界中の学生が集まっています。

また、イギリス留学ではファッションだけでなく、料理・スイーツ・お花など、多くのことを学べます。この他にも、エステやメイク、アロマ、ダンス、音楽、映画製作なども学べます。

短期留学は、どうしても観光の延長のような生活で終わってしまいがちです。しかし、半年間も留学期間があれば、イギリスの食文化や生活習慣などのリアルな生活を体験できます。

こうした体験をすることで、スキル面だけではなく、生活面のスキルも向上させれます。

半年間のイギリス留学の費用は約200~280万円

半年間のイギリス留学にかかる費用は、およそ200~280万円程度が相場です。

200万円以上というまとまった費用は、それなりにまとまったお金です。そのため、費用を用意することが難しいと感じる場合、無理のない範囲で費用を節約する工夫をすると良いでしょう。

例えば、留学費用を抑える効果的な手段に、キャンペーンやプロモーションの活用があります。

キャンペーンやプロモーションを利用することで、授業料を割引してもらえたり、無料で授業数を追加できたりなど、同じ費用でもより効率的に使うことができます。

イギリスへの半年留学の場合の宿泊方法は主に2つ

イギリスへの半年留学の場合の宿泊方法は主に2つ
イギリスへ半年間の留学する場合、宿泊方法は大きくホームステイとフラットシェアの2つです。ホームステイとは、現地の一般家庭であるホストファミリーの元で生活をする滞在方法です。

ホームステイをするメリットには、以下のようなものが挙げられます。
  • 英語力の向上速度が早まる
  • 現地のリアルな文化に触れられる
  • ホストファミリーを通じて友人が作りやすい
  • 食事つきのプランであれば食事の心配もない
  • 現地での生活に安心感が持てる

現地の家族と過ごすことで、リアルな文化や会話を日常的に体感できる点は大きなメリットでしょう。また、知っている人がいる安心感もメリットの1つです。

一方、1つの家やアパートを数人で借りて共同生活をする方法(フラットシェア)もあります。

フラットシェアを選択するメリットには、以下のようなものが挙げられます。
  • 滞在費を節約できる
  • 孤独感を感じずに済む
  • 生活に必要なものも共同で買える
  • 万一の場合でも助け合える

フラットシェアの大きなメリットは、滞在費を抑えれる点です。
イギリス(都市部)の家賃相場は高く、一人暮らしの場合、毎月20万円程度の家賃は覚悟しなくてはなりません。しかし、フラットシェアを利用すれば、この費用を節約できます。また、生活面でお互いを助け合いながら生活できる点も、フラットシェアの魅力です。

イギリスでおすすめの語学学校は「Frances King School of English」

Frances King
イギリスへの半年留学でおすすめの語学学校は、ロンドンセントラルから少し西、高級外として知られるKensington(ケンジントン)にあるFrances King School of Englishです。

「Frances King School of English」の特徴は大きく4つあります。
1.校舎周辺には格式高い建物が多く、イギリスの歴史を感じることができる
2.経験豊富なスタッフがそろっており、カリキュラムのクオリティが高い
3.スピーキングに特化したコースなど多様なコースがある
4.家族単位でイベントやツアーに参加するファミリープログラムがある

各コースの1か月の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • 一般英語(午前):1,144ポンド(約148,000円)
  • 一般英語(午後):884ポンド(約115,000円)
  • Intensive with Language for You!:1,428ポンド(約185,000円)
  • Intensive with Language in Action:1,428ポンド(約185,000円)
  • Intensive with Business English:1,428ポンド(約185,000円)
  • Club 8 Standard Professional English: 1,400ポンド(約182,000円)
  • その他の費用:入学金75ポンド、教材費35~40ポンド/1か月
※日本円は2020年5月のレート(1ポンド=130円)を参考にしています

ファッション・アート留学でおすすめの学校は「University of the Arts London The Language Centre」

UAL
ファッション・アート留学をするのであれば、ホルボーン駅から徒歩3分にあるUniversity of the Arts London The Language Centreがおすすめです。

「University of the Arts London The Language Centre」の特徴は大きく5つあります。
1.ロンドン芸術大学に付属する語学学校
2.自分の興味がある分野を集中して学べる
3.アカデミック英語やアートを学べる授業など特徴的なコースがある
4.コヴェントガーデンやオックスフォードストリートへも徒歩圏内
5.ロンドン芸術大学の6キャンパス全てにアクセスが可能

各コースの1か月の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • 一般英語:1,160ポンド(約150,000円)
  • 一般英語+スピーキング/IELTS試験対策:1,540ポンド(約200,000円)
  • アカデミック英語:1,160ポンド(約150,000円)
  • その他:入学金、教材費など

アート・デザイン分野でも世界トップレベルの「ロンドン芸術大学」

また、アート・デザイン留学をするのであれば、やはりロンドン芸術大学への留学も外せません。

ロンドン芸術大学はアート・デザインの分野で世界トップクラスの芸術大学であり、卒業生にはポール・スミスやステラ・マッカートニーなど世界で活躍する著名人が数多くいます。

数日間~数週間で受講できる短期プログラムもあり、厳しい条件をクリアしなくても、語学学校と並行して受講が可能です。

長い半年留学にメリハリつけるためにも、受講を検討してみてはいかがでしょうか。

他にもある!半年間のイギリス留学でおすすめできる学校

半年間のイギリス留学でおすすめできる学校はまだまだたくさんあるため、3つに厳選してここでご紹介いたします。

Stafford House School of English

Stafford House School of English
Stafford House School of Englishは語学学校が多くある街の中心である、ホルボーン駅から徒歩2分に位置しています。

「Stafford House School of English」の特徴は大きく4つあります。
1.会話や発音、文法、イギリス文化、アカデミック英語など様々な科目がある
2.パソコンや自習室などの設備も充実
3.様々なロンドン観光地が徒歩圏内にある
4.他都市にも校舎があるため、プログラム途中の移動ができ、新しい刺激を受けれる(長期留学の場合)

各コースの1か月の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • 一般英語エッセンシャル:1,220ポンド(約158,000円)
  • 一般英語スタンダード:1,380ポンド(約180,000円)
  • 一般英語スーパーインテンシブ:1540ポンド(約200,000円)
  • IELTS/ケンブリッジ英検対策・ビジネス英語:1,380ポンド(約180,000円)
  • その他:入学金、教材費など
※日本円は2020年5月のレート(1ポンド=130円)を参考にしています

St Giles International London Central

St Giles International London Central
St Giles International London Centralはロンドンの中心地であるラッセルスクエア駅から徒歩5分の場所にあります。

「St Giles International London Central」の特徴は大きく5つあります。
1.とても広く、カフェテリアや図書館など設備が充実している
2.毎週金曜日に個人面談を行い、個人個人に適したサポートをしてくれる
3.校舎の中に学生寮がある
4.企業に勤める社会人を対象としたビジネス英語のコースが充実している
5.他都市にも校舎があるため、プログラム途中の移動ができ、新しい刺激を受けれる(長期留学の場合)

各コースの1か月の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • 一般英語(午前):1,200ポンド(約160,000円)
  • 一般英語(午後):900ポンド(約120,000円)
  • 一般英語(午前+午後):1,528ポンド(約200,000円)
  • ケンブリッジ英検(午前):1,696ポンド(約220,000円)
  • IELTS準備(午前):1,200ポンド(約160,000円)
  • その他:入学金、教材費など

St George International

St George International
St George Internationalはホルボーン駅から徒歩5分に位置しており、メインストリートから少し離れた静かな環境にある語学学校です。

「St George International」の特徴は大きく5つあります。
1.学生は日本人比率が低く、ヨーロッパの生徒が多くて国際色豊か
2.クラスは最大12名と、比較的少人数制
3.ファンデーションコースや大学進学サポートなどが充実
4.無料のオンラインエクササイズも利用可能
5.ソーシャルアクティビティが用意されている

各コースの1か月の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • 一般英語(午前+午後):1,584ユーロ(約210,000円)
  • ビジネス英語(午前):1,360ユーロ(約180,000円)
  • IELTS対策(午前):1,280ユーロ(約170,000円)
  • その他:入学金、教材費など

まとめ

イギリスに半年間留学することができれば、英語力だけでなくファッションやアートなど様々な分野のスキル・知識を習得できます。

学校を選ぶ際には、留学にかけられる費用と自分が留学を通して得たいことを把握しながら、選ぶと良いでしょう。

加えて、半年間の留学費は200万円以上かかることが一般的であるため、キャンペーンを利用したり、生活費を抑えるなどの節約が大切でしょう。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応