留学・海外留学なら留学ワールド

オンラインで完結!世界的な大学の教授と行う研究体験プログラム【中高生対象】

中学生・高校生でも受講できる、大学レベルのプログラムがあります。新型コロナウイルスのパンデミックの中でも、優秀な生徒に大学の研究について学ぶ機会を与えるというミッションから誕生したこのプログラムは、14歳から参加可能な研究体験プログラムです。

現役の大学院生と最先端のリサーチを進める教授の下で、実際に大学で研究を進めるのと同等の手順で、あなただけの研究を行う唯一無二のオンライン留学プログラムです。

受講することで育つ能力も、研究に必要な調査力だけでなく、正確でわかりやすい文章の書き方、正しい論文の作法、効果的なコミュニケーション、問題解決など、多岐にわたります。進学や将来のキャリアにも役立つ技術です。将来は海外の大学に進学したい方はもちろん、ただ大学レベルの学問に挑戦してみたい志の高い学生も歓迎のプログラムです。

プログラムの特徴

研究体験プログラムはここが違う!

  • 本物の大学レベルの研究を体験できる

    このプログラムは受け身の学びではなく、生徒自身の研究を基礎として成り立ちます。受講期間中、生徒は自分で研究課題を設定して調査と文献レビューを自主的に行います。提供のカリキュラムをこなすのではなく、自分の興味ある分野の問題を取り上げて結論を導き出す、どこまでも研究を基本にした体制が他の中高生向けプログラムと一線を画しています。

  • 大学の教授や現役の大学院生が指導役につく

    この研究体験プログラムでは、実際の大学の研究室の現場と同じように大学の教授と、大学院生が指導とサポート役としてつきます。正確で客観的な目線で研究を進め、正しい作法にならって文章が書けるよようになるサポートは、プログラム終了後も学生生活で役に立つはすです。

  • 完全英語指導!世界の高等教育機関と張り合う技術を育てる

    プログラム受講中、調査、レビュー、論文作成などの課題も、教授やメンター(指導役の学生)とのコミュニケーションはすべて英語で行います。将来は世界的な場で活動したい方は、国際的な学問の場で通じるスキルを今から伸ばしていくチャンスです!

プログラムに含まれる
  • プログラムのアシスタントディレクターとのオリエンテーション
  • 毎週のリサーチメンターとの面談(1回1時間)
  • 教授から研究についてのフィードバックとサポート
  • メンターからのサポート
  • 文法、スペリング、書き方などについての指導
  • 学術データベースへのアクセス
  • 修了証
  • 推薦状の発行も可能
  • 卒業生コミュニティの利点あり

終了時の成果
  • 自分だけの研究課題
  • 3分のプレゼンテーション
  • 文献レビュー
  • 最終成果報告プレゼンテーション

紹介動画



研究体験プログラムを受講する理由は?

研究体験プログラムを受講する主な利点は:
  • 大学での勉強に必要なリサーチスキルが身につく
  • 世界的な大学に在籍する教授や大学院生と繋がれる
  • 学問以外でも役立つ能力や知恵も磨ける
特に優秀な結果を出せる生徒は、プログラムを繰り返し受講するうちに実際に出版されるアカデミックジャーナルへの寄稿の機会を得るこもあるそうです。
決して簡単なプログラムではないですが、充実していてやりがいのある内容になることは間違いありません。

こんな生徒におすすめ

  • 海外の大学進学を目指す方

    海外の大学は入学後が大変です!入学1年目からも本を読み、正確に情報を収集して分析しながら、たくさんの課題やエッセイを英語でこなして行かないといけません。しかも、アカデミックエッセイには構造、引用、書き方などのたくさんのルールや作法があり、それらを守るのも絶対です。でも入学前に一度本気の研究と文献レビューをやってみれば、進学後は余裕を持って課題に取り組めるはずです。

  • 大学レベルの勉強をしたい方

    このプログラムで非常に魅力的なのが、中学生・高校生でも受講ができるという点です。英語力や学ぶ意欲が必須ではありますが、高校在学中に大学レベルな学問に挑戦できる機会は希少です。今は物足りないと感じている方。大きな挑戦をしたい方はぜひ検討ください。

  • 将来研究職に就きたい方

    狭く深く、気になる問題を追究するのがアカデミックな研究の基本です。でも、1つの課題にとことん向き合って調べる環境は中学校や高校の在学中だと意外と恵まれないもの。このプログラムでは興味のある分野について本気になり、しかも大学の教授も一緒に本気になってくださいます。将来は好きな研究に向き合って仕事をしたいと思う方は、その体験を早めに味わう貴重なチャンスです。

受講条件

英語力

この研究プログラムは全て英語で実施されるため、問題なく会話やエッセイ、論文が書けるレベルの英語力が必要です。


研究分野

参加者の希望の研究に特に制限はありませんが、健康・医療数学エンジニアリングなどの理系科目に馴染みがある方にとっては特に充実した内容のプログラムです。

プログラムスケジュールと費用

プログラム日程 2022年 2-8月の第2、第4月曜日、9月5・19日、10月3・17・31日、11月14日(応相談)
各開始日、定員に達し次第、受付を締め切ります。
授業時間 週1回の面談+週10-20時間程度(想定)の自主研究
期間 8週間(4週間プログラムも可能。その場合は面談は週2回の頻度で実施)
生徒国籍 世界16ヵ国から生徒や教授が参加しています。
対象年齢 14~19歳(中学・高校在籍中または卒業後1年以内)
受講資格 問題なくコミュニケーションを取ったりエッセイを書いたりできる英語力が必要です。最低GPA、選択科目などの条件はなく、申し込みをした生徒は全員ケースバイケースで選考されます。
費用 2295ドル(USD)
1名限定モニター生は無料
クラス人数 1対1
備考 面談のスケジュールは受講者の予定に合わせてメンターと決定します。
申込書を送る
申し込みの際に、興味のある研究内容や目的などについて英文でエッセイを1-2通提出します。
英語面接
面接(オンラインや電話など)は出願担当者と、場合によっては学部の教授等と英語で行われます。
オファー受け取り
参加可能と判断された場合は入学オファーが届きます。
プログラム開始
面談、自己研究、フィードバックを重ねて、最終成果である文献レビューと報告プレゼンテーションに向けて頑張りましょう。

よくある質問

申込締切はいつですか?
各回、定員に達し次第に締め切ります。ケースバイケースで相談できるので。興味がある方はぜひまずご相談ください。
指導する教授はどのような方ですか?
指導する教授は皆、博士号を取得しています。出身大学はデューク大学、シカゴ大学、CUNY、コーネル大学、ワシントン大学などを含みます。
どのようなことを教わりますか?
指導役の教授や大学院生は文献レビュー作成に向けてフィードバックやサポートをしながら、受講者に「研究の基礎」を教えます。しかし、プログラム期間中の研究の指揮を取るのはあくまでも受講する生徒本人です。気になることはどんどん尋ねるなど自主的に行動する積極的な姿勢を忘れないことが大事です。
もう高校を卒業しているのですが、受講できますか?
卒業後1年以内でしたら申し込みは可能です。まずはご相談ください。

モニター生募集 ※受講料無料

体験レポートを提供できるモニター生徒を募集しています
オンライン完結の研究体験プログラムの体験についてレポートしてくれるモニター生徒を募集中です!
モニター生の方には当プログラムを無料で受講していただき、その体験をインタビューやレポートという形で報告していただきます。
もちろん、プログラムの内容に変化はありません。
興味のある方はぜひともお問い合わせください。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応