留学・海外留学なら留学ワールド

中学生・高校生が留学するメリット

なぜ中学生・高校生の留学なのか

中学生レッスン
グローバル化が進む現代社会の中、今は急速に起こる世の中の変化や、「慣れていないもの」に適応できる能力が段々と不可欠になってきていますが、留学、それも若い年齢から行く留学はそういった力を育てるのにとても有効的です。
多感な中学生・高校生の海外経験は大きな影響や刺激をもたらします。そして、留学を通して身についた語学能力だけではないコミュニケーションスキル、チャレンジ精神、新しいことにも興味を持つ柔軟性、家を離れて過ごすことによって生まれるタフさなどは、その後、グローバル社会でも生き抜くことができる人材になるのに大いに役立つのです。

中学生・高校生のうちに留学するメリット

  • 自分や日本について客観的に捉える機会が得られる

    10代の時は「自分」や育った環境について考えたり悩んだりすることも増える時期ですが、その時期に一度日本から出てみることは、悩みをもっと広く、客観的に見るチャンスになります。思ってもいなかった「答え」は海外にあるかもしれない、それに気づくには留学に行ってみることです。
  • 自立する良い機会になれる

    中学生や高校生と言えば、まだ親元を離れておらず「面倒を見てもらっている」立場であることがほとんどという年齢です。ですが、一人で海外留学に行くとなると、生活のあれこれは自分で管理をしないといけませんし、どう行動するかの判断と、その責任は全て自分のものとなります。その先には、これをきっかけとした、親に頼りきりにならない「自立する」成長がきっと見えてきます。
  • 短期間でも確実に得られるものがある

    中学生や高校生の時に行く初めての留学は1ヶ月にも満たない短いものであることが多いですが、中高生にとっての海外で過ごす数週間は大人のそれと比べて新鮮に感じることが多い時間になります。 ちょっとの刺激でもぐんと視野が広がるのは、好奇心旺盛で柔軟な思考を持つ10代のうちに行ってこその利点です。
  • 海外の大学進学がよりスムーズになる?!

    卒業目的で行く高校留学はつまり、その国の「高卒資格」を取得する、という意味です。高卒資格はそのまま大学への出願資格となり、日本の高等学校卒業証明書では資格として不十分な外国の大学への直接応募を可能にします。
    さらに、海外での進学を特に考えていなくても、留学経験者も条件次第では「帰国子女」として日本の難関大学の専用枠に出願することも可能です。日本にとどまっていたなら諦めていたかもしれない大学も、留学を経たことによって手の届く範囲に入ってくるかもしれません。

中学生・高校生でも実行できる留学プラン例

現地校体験入学・長期の高校留学

高校留学 現地校に通って通常の科目学習やクラブ活動に励むのが、体験入学、交換留学や卒業目的のいわゆる「正規留学」の内容です。基本的には1学期から行けます。
留学生の受け入れを積極的にしている学校だと多くの場合は英語の補助授業(EAL, ESLなどと呼ばれます)を提供しているものの、正規留学の場合は入学後すぐに英語で色んな科目の授業を受けることになるので、一定以上の英語力は必須です。

サマースクール

サマースクール 最短1-2週間の短期で実現可能、また語学力問わず行けるプログラムが海外サマースクールです。世界各国から集まった同世代のクラスメートと一緒に英語の授業を受け、観光やアクティビティに参加する内容になります。全込パッケージのプログラムが基本で、スケジュールは密に組まれている分自由行動は制限されてしまいますが、その中でも色んな背景の人たちと交流してこそある発見や視野の広がりがきっとあります。

アクティビティのサマーキャンプ

テニスのラケット 国によっては、「授業」を受ける「サマースクール」と対照的に、アクティビティなどが中心となる「キャンプ」のような中高生向け留学プログラムにも参加できます。アウトドアスポーツ、サバイバルなど、アクティブな内容なので、体を動かすのが好きな方に向いています。日本では中々身を置けない大自然などの開放的な環境の中で学ぶことで、行動力や積極性、チームワークやリーダーシップなどが育つことが期待できます。クラスメート、インストラクターやガイドとコミュニケーションが取れるくらいの語学力がある方が望ましいです。

正規留学だけが「留学」ではありません!
「留学」と聞くと、交換留学や卒業と進学目的の長期間の正規留学を思い浮かべることが多いかもしれませんが、実際はそこまで「固く」構える必要はありません。サマースクールなどの短期の語学学習も立派な「留学」です。
中学生・高校生という10代の時は、学業に支障の出ないほんの数週間でも、大きな学びと刺激になります。短期では留学の意味がないなどとは思わずに、まずは勉強と両立できる期間とプランで実行に移してみては?

費用について

以下の表では、高校留学の主な行き先とプログラムごとに大体の費用の目安をまとめています。

プログラム 授業料目安
アメリカ 正規高校留学 約240万円から(1年間)
サマースクール 約40万円から(2週間の場合・滞在費込)
イギリス 正規高校留学 約370万円から(1年間)
サマースクール 約38万円から(2週間の場合・滞在費込)
カナダ 正規高校留学(公立校) 約130万円から(1年間)
正規高校留学(私立校) 約160万円から(1年間)
サマースクール 約35万円から(2週間の場合・滞在費込)
ニュージーランド 正規高校留学(公立校) 約120万円から(1年間)
正規高校留学(私立校) 約170万円から(1年間)
オーストラリア 正規高校留学(公立校) 約110万円から(1年間)
正規高校留学(私立校) 約220万円から(1年間)

その他必要な費用:滞在費(寮・ホームステイ代)、保険料、航空券代、制服代、教材費、入学金など事務費用、修学旅行やアクティビティ代、ガーディアン(現地での保護者役)サービス料など


奨学金や教育ローンも利用できます
高校留学をさせようにも、大きな壁となり、保護者様の心配の元となることが多いのが費用面・経済面の問題です。
ですが、それを理由に留学を諦めることに急ぐ前に、経済補助について調べてみてはいかがでしょう。自治体、在籍校、支援団体などによる奨学金や教育ローンを利用すれば、「お金があれば実現できる」留学にも希望通りに行けるかもしれません。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応