留学・海外留学なら留学ワールド

NEWS【NEWS】お知らせ一覧

更新日 2021.04.22

【イギリスYMS】2021年の定員が1,500名に増加

イギリスのYMS(Youth Mobility Scheme)ビザの定員増加の発表がありました。

UKVIの発表によると、4月7日よりYMSの概要に大きな変更があったとのことです。

2021年後期の申請者から対象になります。

変更点:日本国籍の年間の定員が1,000名から1,500名に増加
日本国籍保持者を対象としたYMSは抽選式となっていて、現在は1月と7月の年2回に分けて当選者が選ばれる仕組みになっています。
2021年後の第1回の抽選は終了、800名の当選者が決まっています。
今回の定員増加により、7月の第2回の抽選の当選者が200名から700名に増えることになります。

6ヶ月ルール復活
また合わせて、ビザ申請のタイミングについて「6ヶ月ルール」の復活の発表もありました。
6ヶ月ルールは「イギリス到着の6ヶ月前からビザ申請が可能になる」内容です。

一時期、当選メール記載間違により、「3ヶ月ルール」と「6ヶ月ルール」が同時に、不統一で適用されていましたが、不平等を理由に急遽変更がされました。

2021年度前期の当選者であり、すでに申請を提出した人には適用なしですが、これからビザ申請センターに来館して申請をする人には適用されます。



イギリスのYMSこと「ユース・モビリティー・スキーム」ビザはワーキングホリデーと似たような条件付きのビザですが、厳密に言うと就労ビザの1種であり、保持者は「Temporary Worker」という扱いになります。応募をする方は、「当選した場合は現地でちゃんと仕事をしよう!」と強く意識してください。

7月の第2回抽選の詳細はまだ発表されていませんが、以後も注目し続けたいところです。

イギリス留学、YMSに関するご相談はどうぞお気軽にお問い合わせください。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応