留学・海外留学なら留学ワールド

ニュージーランド クライストチャーチ地域紹介

クライストチャーチの魅力

クライストチャーチの風景
「イングリッシュ」な雰囲気が面白い!
ニュージーランドなのに街並みはまるでイギリス!南島最大のこの街には「ガーデンシティ」と呼ばれる美しい「イングリッシュ」な公園が点々としていて自然や立派な建築が魅力的な風景が広がっています。サーファーも訪れるビーチもあり、年中楽しめます。
図書館が多いという学生に優しい環境で、アルバイト先も見つけやすい学習も生活も充実させられる街です。アジア圏の外国人の数が比較的多いのもあって、アジアンショップや外国の食材が買える店がわりとそろっているのは日本人にとってはちょっとした嬉しいポイント。
クライストチャーチの風景
この街ならではの楽しみ方が満載
現地ならではの観光をするのにお勧めなのが市内を走っている可愛いトラム(路面電車)に乗ってみること。2011年に発生した震災の影響でしばらく運休となっていましたが、復帰後、少しずつ走行範囲を広げています。街の忙しいエリアを離れるなら川をパンティングで渡るニュージーランドで参加するイギリスらしいアクティビティや、桜の木がある公園で9月にお花見に行く南半球だからできる楽しみ方が満載です。店舗がコンテナで出来ているユニークなショッピングモールもあります。

クライストチャーチの観光名所

Botanic
The Christchurch Botanic Gardens(植物園)
ハグレー公園の一面に位置する面積約21ヘクタールの植物園。年間を通して様々な植物や花が楽しめます。アーチェリー・ローンの芝生を抜けると250種類以上の色とりどりのバラが咲き乱れるバラ園やハーブ園、日本庭園や温室には食中植物も見られます。また、植物だけでなくカンタベリー博物館やアートセンター、プールや川など大人から子供まで楽しめる施設がたくさんあります。園内の一角には世界平和を願って世界17ヵ国、21都市に設置された「世界平和の鐘」があります。
Tekapo
Lake Tekapo(レイク・テカポ)
クライストチャーチから車で約4時間離れたところにあるテカポ湖は星空が美しいことで有名です。深いターコイズブルーの湖にサザンアルプスの山並みが反射し、その麓にひっそりと佇む教会は「善き羊飼いの教会」と言われ、まるで絵本から飛び出してきたかのような風景を作り出しています。このエリアは ユネスコの国際ダークスカイ・リザーブ(星空保護区)に指定されており、その星空の美しさは、この地域の星空を世界遺産に登録しようと試みる動きがでているほどです。街からは離れているが訪れる価値は十分にあるのではないでしょうか。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応