留学・海外留学なら留学ワールド

フランス留学 費用について

フランスのイメージ
フランス留学には、留学方法の種類がさまざまです。

それぞれの留学方法において、どんな費用がかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、語学留学だけでなくファッション留学やパティシエ留学などの費用も目的別で紹介します。

ぜひ、フランス留学を考えている方は、参考にしてみてください。

フランス留学の費用の内訳

フランス留学の費用の内訳

フランス留学は、期間や時期、方法など様々な要素によって費用に差があります。

具体的なフランス留学でかかる費用の内訳は、以下のとおりです

渡航費

フランスへの渡航費は、往復で7~20万円ほどです。

そして、フランスでは4月~10月に観光客が多く、特に5~8月は、観光のピークを迎えるため、渡航費が片道で10万円かかってしまうこともあります。

逆に観光シーズンが終わった12月前後であれば、片道4~5万円ほどの航空券もあります。渡航費を節約したい場合は、最低限5~8月は避け、はやめに安い航空券を探してみてください。

また、渡航費は乗り継ぎ便を利用することで節約することもできるため、一度調べてみることをおすすめします。

学費

フランス留学の学費は、1ヶ月で8~15万円ほどです。
学費は、以下のような留学の目的や期間によって、差があります。

滞在費

フランス留学では、ホームステイや寮、シェアハウスなどの滞在方法があり、1ヶ月の滞在費は、平均で7~15万円ほどです。

滞在費は、以下のような方法で節約できます。

  • 都心ではない場所に住む
  • シェアハウスでなるべく多い人数の部屋を選ぶ

パリでアパートを借りると、月10万円ほどします。

一方で、パリから少しはなれた南仏やトゥール、リヨンであれば、5~6万円ほどで抑えられることもあります。

生活費

生活費は、平均すると、1ヶ月で5~15万円ほどになるでしょう。

フランスは日本より物価が高く、ランチでもセットで注文すると2,000円ほどかかります。

そのため、「スーパーで買い物をして自炊する」「食事付きのホームステイを選ぶ」などして節約するのがおすすめです。

また、フランスではアルバイトをすることを許されています。そのため、アルバイトをしながら生活費を稼ぐことも可能です。

保険

フランスの保険は、現地での保険の加入は必須ですが、事前に日本でも加入することをオススメします。

日本の保険に加入しておくメリットは、大きく2つあります。

  • 補償が充実していること
  • 補償が充実していること

補償の面では、自分自身の怪我や盗難、万が一の際の費用(飛行機が遅れた際の宿泊費など)、相手に怪我をさせてしまった際などの補償があります。
また、日本の保険料は、1年で約15〜30万円が相場です。ただし、サービスのプランや期間に左右されるため、ご自身の留学期間と照らし合わせながら、調べてみてください。

これ対して、フランスの保険は、基本的な健康保険や社会保険はありますが、旅行保険や滞在している際の損害補償などはついていません。

現地の保険に加入しながら、日本の保険に入ることで、安心して留学生活を送ることができるため、両方の保険に入っておくことをオススメします。

目的別で見るフランス留学の費用の目安

目的別で見るフランス留学の費用の目安

フランス留学には、短期や語学留学だけでなく、ファッションやパティシエ留学などさまざまな留学方法があります。一見、フランス留学は、高いというイメージがあるかも知れませんが、留学費用はそこまで高くありません。

今回は、以下の6項目にわけて、それぞれの費用の目安を紹介します。

パティシエ・料理留学

パティシエ・料理留学
フランスは美食の国なので、製菓や料理について勉強できます。そして、製菓や料理そのものだけでなく、レストランや飲食店の経営スキルも勉強することができます。

また、パティシエだけでなく、ショコラティエや料理人、パン職人についても学べます。専門学校で料理の勉強もできますが、語学学校とのセットコースもあります。

パティシエ留学の費用は、週1回の料理レッスンとフランス語の語学のセットなら、学費と滞在費で約22万円ほどです。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは、1年間の仕事つきの休暇を海外で過ごすことです。週35時間以内の労働が許され、学業との両立も可能です。

フランスの場合は1年間で1,500人分のワーキングホリデービザが発行されます。ワーキングホリデービザの発行は、以下のような条件をクリアすると取得できます。

  • 18~30歳未満
  • 対象国の国籍保持者
  • 資金の証明ができる(フランスなら3,100ユーロ)
  • 扶養家族や子供がいない

また、ワーキングホリデーの費用は、仕事や語学学校、滞在方法などの不確定な要素がたくさんあるので、個人差もあります。

  • 無料のエージェントを利用
  • 3ヶ月は語学学校に通う
  • 9ヶ月は週35時間働く
  • 滞在方法はホームステイ3ヶ月、シェアハウス9ヶ月

上記の条件であれば、目安は約200万円ほどです。

大学留学

大学留学
大学留学は、フランスの大学に通って勉強する留学方法です。

正規留学と交換留学のふたつがあります。

正規留学では自分で願書を出願して正規の学生として入学し、交換留学では日本の大学にお金を払いながら日本の学生としてフランスの大学に通います。

大学留学をしたい場合は、フランス語の語学試験である程度の結果を残すことが必要です。費用は100~200万円ほどですが、奨学金が受け取れれば、大幅に節約できます。

ただし、フランス留学の際に、使用できる奨学金は、「日本で在籍している大学からもらうこと」もしくは「日本の銀行や日本国の教育ローンを組むこと」によって受け取ることができます。

短期語学留学

短期語学留学
短期語学留学とは、3ヶ月以内の語学留学です。

語学学校でフランス語の勉強に集中しながら、「現地を観光する」「友人をつくる」「フランスの文化に触れる」などの様々な刺激が受けられます。

英語だけでは少し足りないヨーロッパーで活動したい方にはぴったりです。短期語学留学の1ヶ月の留学費用は、40~70万円ほどかかります。

長期語学留学

長期語学留学

長期語学留学は、約3ヶ月以上の留学を指します。長期になる基準として、長期留学になると、渡航前のビザ申請などの必要な手続きが増えます。

長期語学留学は、じっくりと語学の勉強ができるため、語学力の向上を狙う際には、よい留学方法です。

一般的な長期語学留学の費用は、3ヶ月で約100万円程度、1年間で約400万円程度です。

しかし、弊社では、より安く長期留学できる最安値パックをご用意しています。


2021年最安値フランス留学プラン!【9ヶ月の長期留学】

この度、留学ワールドでは、フランス留学の最安値プランをご用意しました。

このプランを用意した理由は、コロナウィルスの影響で、今年のフランス留学を諦めざる負えなかった方が多かったのではないかと感じたためです。

このような苦渋の決断をされた方へ、また、2021年以降費用を抑えてフランス留学をお考えの方へ、弊社では、9か月間120万円のフランス留学(最安値プラン)をご提供します。

最安値でご提供できる理由は、「手数料ゼロ」「ビザ申請サポート料ゼロ」「レートの上乗せゼロ」「パリ現地サポート料ゼロ」「フランス語国家資格、DELF/DALFの公式試験料ゼロ」があるためです。

これらに加えて、弊社では、パリに現地オフィスがあり、フランス留学のお手配の経験と実績を生かした万全のサポートがあるため、安心して留学していただくことができます。

また、最安値プランの対象の学校(Inflexyon Lyon)は、フランス政府認定校であることはもちろん、品質審査で全5評価項目の満点を得ていいる学校であるため、学習面でも、安心してご利用いただけます。

ファッション・アート留学

ファッション・アート留学
ファッション・アート留学では、絵画やファション、ヘアメイクを学びながらフランス語を習得したい方の留学方法です。

芸術の国フランスでは、気軽に通えるアートレッスンから本気で学びたい方向けのレッスンまで、幅広いプログラムがあります。

具体的にはアートレッスンのみや1週間フランス語を勉強してからアートレッスンに通うプログラムなどが用意されています。

ファッション・アート留学はプログラムによってかなり差が開いてきます。

1週間のアートレッスンで15万円、3ヶ月のアートレッスンで100万円というように費用に差があります。

フランス留学の基本情報について

フランスのくらしの環境について

フランス留学の基本情報について

フランスと日本の時差は、8時間です。

また、フランスには四季があるため、地中海の近くは冬でも暖かく、北部は温暖な気候で雨が多いです。実際に、ローヌやアルプスでは、夏は気温が低めで、冬は雪がつもります。

このように、フランスは美しい国のイメージがありますが、日本と比べると少し軽犯罪の発生率は高いです。

そのため、観光地や駅のホーム、飲食店などの人が集める場所でのスリや窃盗には常に警戒する必要があります。

フランス留学の都市情報

フランス留学では、以下3つの都市が人気です。

  • パリ

    フランスのイメージといえば、パリです。パリへ留学すると、有名な観光地巡りやショッピング、パリジェンヌの生活が満喫できます。

  • リヨン

    リヨンは予算重視で留学したい人におすすめです。日本語でのアルバイトができるためです。また、リヨンは都会すぎず田舎すぎない場所で、フランス語の勉強ができます。

  • ニース

    ニースもリヨンと似た環境です。ニースは比較的温暖な地域であるため、暖かい気候で勉強したい方にぴったりです。リヨンとの違いとして、ニースでは、イタリアなどの地中海文化を体験できる違いがあります。

    また、ニースでは、日本人が少なく、母国語を使うシーンが少ないため、より語学に専念することができます。

フランス留学の準備

フランス留学の準備

フランス留学には、準備が欠かせません。
なぜなら、準備がないと現地や留学直前で混乱してしまい、有意義な留学期間を過ごせないからです。

具体的には以下のような準備を行ってください。

  • 留学の目的を定める
  • スマートフォン
  • 航空券
  • クレジットカード
  • お金
  • 海外旅行保険
  • ビザ
  • 各種証明書
  • 語学学校
  • 手荷物

はじめてのフランス留学には、不安がつきものです。
少しでも不安を解消し安心してフランス留学に挑むためにも、はやめの準備を心がけてください。

フランス留学のエージェントで留学ワールドが選ばれる理由

留学ワールドがお客様に選ばれている理由は、大きく4つあります。

  • 低コスト・高クオリティの留学を提供
  • 充実の各種サポート
  • 安心の留学エージェント
  • 留学ワールドならではのお得な特典

「低コスト・高クオリティの留学を提供」では、「手数料無料」「経験豊富なカウンセラー」「多数の学校と提携」「いつでも相談可能」がサービス内容としてあります。

また、「プライバシーマーク取得」「J-CROSS認定企業」「海外の教育組織認定企業」などの審査にも通過しておりますので、安心してサービスをご利用いただけます。

留学ワールドを利用された方の口コミ

なぜ留学センターDEOWをご利用されましたか?

  • 小川彩さん

    イタリア語+スケッチ

    INSTITUTO EUROPEO

    2007年7月


    ひとつはお値段が手ごろなことです。またカウンセリングを希望すれば何度でも受けてくださりました。こちらが望む情報を調べて提供してくださりました。丁寧でしたので信頼できました。 また私の計画ではパリに一ヶ月滞在する予定でしたので、なんとかホームステイしたかったのですが、当初パリでのホームステイ先が見つかりませんでした。それでもあきらめずに相談してみましたら、難しいが探してくださるとのことでした。 奇跡的にホームステイ先を見つけてくださり、私の旅が実現することになりました。ですのでDEOW留学センター(留学ワールド)を選びました。


  • 大竹沙予さん

    Basic French Course

    Eurocentres パリ校

    2007年2月


    私はまず、留学先を決め、その次に学校を2校ほどに絞った後に、仲介業者さんをネットで探していました。そんなときに偶々DEOW(留学ワールド)さんのサイトにたどりつき、一度見積もってもらおうと連絡を取りました。最初こそ、「仲介料タダって大丈夫なんだろうか…」という不安もありましたが、連絡をとってみると、他のどこの会社の方よりも親身になって相談に乗っていただけたのでDEOW(留学ワールド)さんにお願いしようと決めました。手続きも本当にスムーズで、私はほとんど何もせずDEOW(留学ワールド)さんに任せっきりでした(笑)でも、そのおかげで語学やその他の準備の方に集中することもできたし、留学費も他より安く抑えられたし、本当によかったです。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応