留学・海外留学なら留学ワールド

カナダの大学留学について詳しく解説します!

カナダの大学生
カナダの大学留学について詳しく解説しています。よくわからない大学の入学方法や、おすすめの大学の紹介、主な費用内訳、期間別にかかる留学費用から節約ポイントまでお得な情報を掲載しています。カナダの大学へ留学を考えている方向けて分かりやすく紹介していますので、ぜひご一読ください。
「カナダの大学への留学って正直どうなの?」「アメリカの大学じゃなくて、カナダを選ぶのはアリなのかな」こんな疑問をお持ちの方はいませんか?実はカナダの大学は世界的にもトップクラスの評価を得ている大学ばかりなんです。今回の記事ではカナダの大学へ留学するメリットや、おすすめの大学などを中心にご紹介しています。これを読めばカナダの大学留学が一層イメージしやすくなりますので、ぜひご一読ください。

留学してみたいと思ったら・・まずは相談してみよう!

カナダ大学留学の魅力とは

カナダの大学は教育水準の高さから世界的にも高い評価を得ています。人口当たりの大学数が少ないため、地域差もほとんどなく高いレベルの教育をどの大学でも均一に受けることができるためです。学費に関しても、アメリカの大学にかかる約半分で済みます。また、国そのものは治安の良さや都市機能の充実さから、世界で住みやすい国ランキングでは常にトップクラスの評価を得ています。

  • 4年制大学はほぼ公立大学

    カナダ国内におよそ90校の4年制大学がありますが、そのほとんどが公立校です。大学数が少ないため、教育水準に差がなく質の高い学校運営をしているのが特徴です。入学基準が厳しい傾向にありますが、カナダの大学を卒業できると就職に有利になることから、世界中から優秀な留学生が集まっている現状があります。

  • 2年制短期大学

    コミュニティカレッジと呼ばれる2年制の短大が約170校あります。英語力に不安のある方は、比較的入学のハードルが低いカレッジで1-2年学んだ後に大学へ編入することも可能です。カレッジの中には大学の授業が受けられるコースもあり、費用の面において大学よりも割安なので多くの学生に人気です。またIT技術や伝統技術など、どちらかというと職業訓練に近い授業が多いのもカレッジの特徴の1つです。

  • 入試がない

    カナダの大学には日本のような一斉に行われる入試はありません。必要条件さえクリアしていれば入学可能です。重要視されるのは英語能力と高校での成績です。一般的には4年制大学の場合TOEFL(iBT)のスコアで80以上が求められます。英語力に自信がない場合は、一旦カレッジへ入学し編入を目指すのも選択肢の1つです。

  • 大学費用が安い

    カナダの大学は日本のように文部科学省が管理しているわけではなく、州ごとに運営されています。そのため学費に関しても州ごとの差はありますが、一般的に1年間で100-290万円の間です。バンクーバーやトロントなどのように都会にある大学では高くなる傾向にありますが、それでもアメリカに比べると断然リーズナブルです。またカレッジを経由して編入するなど、やり方次第ではさらに費用を抑えることが可能です。

  • 奨学金制度がある

    海外の大学留学のための奨学金制度としては、日本学生支援機構(JASSO)が有名です。支給対象者は3名までと少ないですが、条件を満たせば学費が支給される制度があります。また各大学ごとに実施している奨学金制度があるので、進学希望の学校が決まっているのであれば調べてみることをおすすめします。

それでは、カナダの大学へ入学するために必要な項目をさらに詳しくご紹介していきます。

4年制大学

4年制大学への入学に必要な条件は以下のとおりです。

  • 学歴:高校卒業、もしくは卒業見込み
  • 成績:過去3年間の成績が平均で3.8以上(最高5)
  • 英語:TOEFL iBT80〜100点
入学時において高いレベルが求められていますね。特に英語力は、大学の講義を理解するには必須です。現時点で英語力に不安がある、もしくは必要なスコアが得られない場合は、大学付属の語学学校で勉強してから入学するなど条件付きの入学を認めている学校もあります。

2年制大学

2年制の大学(コミュニティカレッジ)への入学に必要な条件は以下のとおりです。

  • 学歴:高校卒業、もしくは卒業見込み
  • 成績:過去3年間の成績が平均で3.1以上(最高5)
  • 英語:TOEFL iBT80〜100点
4年制大学と比較して多少基準が低く設定されています。そのためまずはカレッジに入学し、卒業後に4年制大学への3年生に編入する流れが人気を集めています。このパターンだと、大学に通うのは2年間のみなので学費を抑えられるメリットがあります。さらに大学編入後に専門科目を決めることになり、カレッジ在籍中に複数の選択肢を考えることが可能です。カナダの大学卒業後は、カナダ国内での就労ビザがもらえます。欧米ではカナダの大学の認知度は非常に高く、就職の際は有利になることが多いです。また、カナダ英語はアメリカ英語とイギリス英語の中間にあたるため、発音が非常にきれいなことで有名です。なまりが少なく、話すスピードもちょうど良いとされています。そのためカナダ英語を習得すれば世界中の人とコミュニケーションが可能ですよ。

カナダで人気のおすすめ大学ランキング

大学の卒業式
続いて具体的にカナダのおすすめの人気大学を4校ご紹介します。
どの大学も世界的に評価の高い人気校ですよ。

トロント大学

トロント大学は東部アルバータ州に位置し、カナダ最大の都市トロントに拠点を置く州立大学です。カナダ最大規模の大学で、8万人を超える学生が在籍しています。学べるプログラムの数が非常に多く、名実ともに北米トップクラスの大学で、これまでにノーベル賞受賞者を10人輩出しています。英国式のカレッジ制度を導入しており、学生はいずれかのカレッジに帰属し切磋琢磨しています。東アジアとの関係に力を注いでいるので、東京大学や京都大学をはじめとした日本の大学とも交流が頻繁にあります。キャンパスも広大な敷地で、都会にありながら自然豊かな環境のため数々の映画やドラマのロケ地としても使われています。

ブリティッシュ・コロンビア大学

ブリティッシュ・コロンビア大学は、カナダ西部を代表する都市バンクーバーにある名門校です。UBC(University of British Columbia)の愛称で知られ、入学基準が最も高い大学の1つです。バンクーバーのマルチカルチャーを表すように、多くの留学生が在籍しています。市内中心部から20分ほどの場所に位置し、観光スポットとしても有名です。トロント大学と並び、北米屈指の知名度を誇り、卒業生には著名な研究者が多くいます。
       

マギル大学

マギル大学は、ケベック州モントリオールに拠点を置く公立大学です。1821年設立のカナダで最も歴史のある大学で、ブリティッシュコロンビア大学も当初はマギル大学の分校でした。11の学部と300以上のプログラムを提供しています。そのため卒業生の中には幅広い分野で活躍している人物が多く、カナダ国内のみならず世界各国でその権威性が認められています。ちなみにケベック州のほとんどの人はフランス語を話しますが、マギル大学の授業はすべて英語で行われています。

モントリオール大学

マギル大学同様にケベック州に位置している国立大学です。フランス語大学としてはパリ大学に次ぐ世界第2位の規模を誇っています。特にコンピュータや医学の分野で有名で、東京大学や名古屋大学とも共同研究を行っています。日本語学部を設けており、日本に興味のある学生多いのも特徴の1つです。

カナダ留学にかかる費用の内訳

芝生の上の本
続いて気になる留学費用についてご紹介しましょう。
当然ですが期間や学校、コースや滞在地などにより金額は異なります。
学費・生活費・その他の費用の3つに分けてご紹介します。


カナダ留学にかかる学費

1年間の留学にかかる学費は以下のとおりです。
語学学校と大学留学の2つに分けてご紹介しています。
語学学校 大学
授業料 90-120万円 100-290万円
入学金 1-2万円 授業料に含む
教材費 4-5万円 授業料に含む
カナダの4年制大学はほとんどが公立大学ですが、日本のように全国ほぼ一律の学費ではありません。州ごとに費用は違い、安い州と高い州では3倍ほどの差が存在しています。バンクーバーやトロントのような都会がある州は高い傾向にあると言えます。

カナダ留学にかかる生活費

1か月あたりにかかる生活費は以下のとおりです。

滞在費
ホームステイ 7-10万円
ルームシェア 5-8万円
9-12万円
家賃については日本と同様に、都市部へ行くほど高騰しています。ホームステイは基本的に3食付きです。ルームシェアは同じ学生同士でマンションやアパートで、1つの部屋をシェアする方法です。大学の場合は、1-2年生は特に寮を選択する学生が多いです。


光熱水費
カナダでは多くの場合、光熱水費は家賃や滞在費の中に含まれています。自分で支払う物件であれば月5,000円ほどになることがほとんどです。

食費
ホームステイや学生寮に滞在する場合は、食事に関しては基本的に滞在費に含まれています。外食の場合は自己負担になります。アパートやマンションで自炊する人は、月2-3万円ほどと考えておきましょう。またカナダはチップの文化があるため、レストランで食事をした際には会計の10-15%チップとして支払う必要があります。

カナダ留学にかかるその他費用

費用 備考
渡航費 7-20万円 シーズンや路線により異なります2月は閑散期となりお得なチケットが多いです。
保険代 8-12万円 1年間の金額です。
ビザ 1-2万円 半年以上の滞在にはビザ申請が必要です。学生ビザとワーキングホリデービザの2種類あります。
お小遣い 2-4万円 1か月あたりの金額です。
交通費 1万円前後 1か月あたりの金額ですが、自転車や徒歩通学であれば節約できます。

海外保険は少し高いですが、もしもの時に備えて必ず入るようにしましょう。万が一無保険状態で病院で治療や入院したときに高額請求で困ってしまうので、忘れないように加入してくださいね。その他の費用として、携帯電話などの通信費があります。1か月程度の短期滞在であれば公共Wi-Fiが発達した都市部であれば必要ないでしょう。もしくはSIMフリー端末を持っていき、外国人用のプリペイドタイプのSIMカードを現地で契約するのもおすすめです。

カナダ留学費用を抑えるコツ・格安カナダ留学を実現する方法

少しでも留学費用を抑えるための方法をご紹介します。

ホームステイやルームシェアを選ぶ

滞在費で節約することができます。ホームステイは基本的には食付きのファミリーが多いですが、中には食事なしプランを提供していることもあり、そのような家を選べば自炊で節約できます。ルームシェアもシェアする人数で大きく差が出ます。もちろん大人数のほうが料金は安く済みますし、部屋の広さも大きくコスパもよくなる可能性が高いです。ただし、安い部屋は非常に人気で早く埋まってしまうので、部屋選びのタイミングは難しいこともあります。

海外旅行保険の費用を抑える

保険料がネックになる方もいらっしゃると思います。しかし外国で病気やケガになった際に、保険に入っていないと不安ですよね。保険会社によっては滞在地別の割引プランやキャンペーンを行っていることもよくあります。複数の保険会社に見積もりを取るなど、比較してみてください。またクレジットカードに付帯している保険も有効活用できます。カードに付いていない補償だけを、別途保険で補ったりすれば費用を抑えることもできますよ。1度保有しているカードの内容を確認してみてください。そして渡航前には、歯科医院や健康診断を受けるなど可能な限り万全の状態で行くようにしましょう。

飛行機代や語学学校が安い時期に

大学留学であれば少なくとも2年間はカナダに滞在することになります。その間1度や2度は日本に一時帰国ることもあるでしょう。そんな時でも航空券はできる限り安く抑えたいですよね。カナダでは1月〜2月の真冬の時期は、留学生が減るオフシーズンのため語学学校の授業料が3割ほど安くなることもあります。オフシーズンに渡航や帰国することで、飛行機代も安く抑えられます。

カナダ留学なら留学ワールド

カナダ留学のことなら、現地にオフィスがある留学ワールドへ!

留学ワールドの特徴

安心の現地オフィス
カナダの国旗 なんと言っても現地にオフィスがあるので、渡航後に学校を決めたりすることも可能です。また現地の最新情報が簡単に手に入るのも当社の強みです。

お得な料金設定
現地にオフィスがあるからこそ提供可能なプロモーションを使い、費用を抑えられる可能性があります。

充実のサポート体制
留学前には無料の英会話レッスンが何度でも受講していただけます。帰国後もキャリアサポートとして、履歴書や職務経歴書の添削など魅力的なサポート体制を整えています。カウンセラーとのメール相談にも応じていますので是非ご利用ください。

説明動画


  • 【カナダ大学留学】カナダの大学に入るために準備すること教えちゃいます

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応