留学・海外留学なら留学ワールド

安くても語学が伸びる!カナダ短期留学の費用や学校を徹底解説

安くても語学が伸びる!カナダ短期留学の費用や学校を徹底解説
聞き取りやすい英語で、常に人気の留学先であるカナダ。穏やかな国民性と、欧米諸国の中では比較的留学費用が安いことも人気の理由です。そのようなカナダで、短期の語学留学をしてみませんか?こちらでは、カナダで1か月留学する場合に身に着く語学力や、留学にかかる費用、おすすめの語学学校を解説します。

カナダの短期留学は語学を習得できる!

カナダの短期留学は語学を向上できる!
ゆっくり、はっきりしている聞き取りやすさが、カナダ英語の特徴。そのためカナダは、英語が勉強しやすい国として知られています。ではカナダで短期留学した場合、どれくらいの英語が身に着くのでしょうか?

まず、英語を話す勇気がつきます。これは英語を話すために、とても大切な一歩です。英語は完ぺきでなくても通じる、言い換えればなんとかなるということを、カナダの短期留学では身をもって体験できます。

また英語のリスニング力も上がります。留学中は毎日が英語漬けです。ネイティブがすらすら話す英語を聞き取るまではいかなくとも、自分に向けてゆっくり話してくれる英語は聞き取れるようになるでしょう。この点で、聞き取りやすいというカナダ英語の特徴が生きてきます。

さらに、カナダでの語学留学で忘れてはならないのが、フランス語も学べること。カナダの公用語は英語とフランス語なので、複数の言語を学べる環境である特徴もあります。留学費用を抑えつつフランス語を学んでみたい方にもおすすめの留学先がカナダです。

カナダで短期留学をした場合の全体の費用は40-55万円

カナダで1か月留学する場合の費用は、40万円から55万円程です。同じく留学先として有名なアメリカは40万円から60万円、イギリスは40万円から70万円。カナダは比較的安く留学ができる欧米の国として大人気です。

ちなみにカナダの短期留学ではビザがいりません。ビザ代を節約できるのも、カナダの短期留学の魅力です。その他にも以下の工夫によって、カナダ短期留学の費用はさらに安くなります。

留学費用節約のコツ①:授業料の安い学校を選ぶ

留学費用の大半を占めるのが学費です。そのため、学費で節約ができると大きな効果があります。カナダは学校による授業料の差が小さい国ですが、わずかな差であっても節約効果があるため、なるべくリーズナブルな学校を探すのがおすすめです。

お得な学校探しのポイントは、授業の質や自分が学びたいコースがあるかも考えながら「お得」を判断することです。いわゆる格安校は授業料が安い分、授業や先生の質が悪いことがあります。

短期留学は、いかに短い時間で効率よく英語を学べるかが大切です。質を無視して安さばかりを追求していると、安物買いの銭失いにもなりかねません。そのため、授業料に気を取られすぎないで、クオリティも考慮しながら、リーズナブルな学校を選びましょう。

留学費用節約のコツ②:プロモーション・キャンペーンの利用

学費を節約するコツは他にも。学校や留学エージェントでは、授業料の割引などのキャンペーンを行っています。割引は学費に大きく効いてくるので、積極的に利用しましょう。

割引キャンペーンを実施している学校を探すなら、留学エージェントに相談するのが一番効率的です。相談の際に、希望の留学期間とキャンペーン実施中の学校を探している旨を伝えてみてください。

留学費用節約のコツ③:日常生活の中で工夫する

留学中の節約も効果的です。生活費は、特に食費を節約すると抑えられます。滞在先でキッチンが使えるなら、なるべく自炊をしましょう。自炊をすると1か月の食費は2万円程で済みますが、外食メインの生活になると4万円以上はかかります。

交通費の節約も大切です。短い距離は歩く、タクシーよりも電車やバスを使うなど工夫をしましょう。

カナダの短期留学を行う場合の宿泊方法は主に2つ

カナダの短期留学を行う場合の宿泊方法は主に2つ
カナダで短期留学をする場合、シェアハウスは借りることは難しいです。この背景には、多くの大家や賃貸エージェントは数ヶ月以上の長期契約を優先的に探しているということがあります。

そのため、短期留学の一般的な滞在方法は、ホームステイや学生寮です。それぞれの滞在方法のメリットやデメリットを詳しく見ていきましょう。

カナダでホームステイに滞在

カナダの短期留学で最も一般的な滞在方法がホームステイです。ホームステイとは、現地の一般家庭に寄宿して一緒に現地の生活を体験できる方法です。

最大のメリットは、慣れない土地で現地の家族にサポートしてもらえる安心さです。また朝食や夕食がついてくるので、生活が楽になります。さらに家でも英語でコミュニケーションをとるので、短期でたくさんの英語に触れられます。

デメリットは、滞在費が少し高くなりやすいことです。カナダのホームステイは、月8万円程が相場です。しかしホストファミリーのサポートや現地生活の快適さを考えると、ホームステイが一番お得といえます。

カナダで学生寮に滞在

学校によっては学生寮があります。メリットは、授業外でも学生と交流できることです。

短期でも友達ができるほか、英語が伸びるのでおすすめです。また生活で困った際、学校からサポートを受けられることも魅力的です。

デメリットは、プライベートな時間が取れない可能性があることです。寮によっては、相部屋になっている場合があるため、一人の時間を取りづらい中で生活しなければいけない場合もあります。そのため、プライベートな時間を確保したい方は、あらかじめ確認することがよいでしょう。

その他の滞在方法

カナダ短期留学では、民泊やAirbnbを利用する方法もあります。メリットは、ホームステイや学生寮と比べると滞在費が安いことです。

しかし慣れていない土地で、現地の人のサポートなしに生活しなければならないデメリットがあります。また食事がつかないので、外食ばかりしていると生活費が高くなりがちです。

カナダの短期留学でおすすめできる2つの学校

カナダの短期留学で学校を探すコツは、リーズナブルかつ質のよい授業の学校を選ぶことです。こちらでは、カナダの有名語学学校であるILSCとILACをご紹介します。

ILSC – Vancouver & Toronto

ILSC
バンクーバーとトロントにキャンパスがある語学学校です。バンクーバーのILSCは、ダウンタウンに複数のキャンパスがあり、バンクーバーの中でも最大級の規模の学校です。また、トロント校もダウンタウンにキャンパスがある大規模校です。

ILSCの魅力は、授業の内容を完全にカスタマイズできることです。一般的な語学学校は、コースごとに内容が決まっています。例えば、一般英語は日常的に使える英語を、ビジネス英語は職場で使える英語を学ぶための授業が固定になっています。

しかし、ILSCはそのようなコースの制限がなく、自分ですべての授業内容が選べます。短期留学では、短い時間にいかに自分の学びたいものを得られるかが肝心です。そのため、カスタマイズが可能なILSCのカリキュラムは、短期留学生にとって最適なのです。
ILSC
また、ILSCには、他の学校では見られない多種多様の選択授業があります。定番の英会話、リスニング、ボキャブラリーはもちろん、アカデミックな内容やビジネスに特化した授業も揃っています。ユニークな授業としては、映画を通して英語を学ぶもの、絵画や彫刻などアートを通して英語を学ぶものなどがあります。また、カナダならではの授業として、カナダの歴史を通して英語を学ぶものがあります。

ILSCは自分が身に着けたい英語を、自分の好きな方法で学べるのが魅力です。そして充実のカリキュラムに対し、授業料がリーズナブルなのも見逃せないポイントです。ILSC の1か月の授業料は、以下の通りです。
  • フルタイム集中英語コース(週30時間):1,680ドル(約130,000円)
  • フルタイムコース(週24時間):1,440ドル(約110,000円)
  • パートタイム午前(週17時間):1,100ドル(約85,000円)
  • パートタイム午後(週13時間):680ドル(約52,000円)
  • その他:入学金150ドル(約12,000円・ローシーズン) / 200ドル(約15,000円・ハイシーズン)、教材費80ドル(約6,000円)
※日本円は2020年5月現在のレート(1ドル77円)を参考に算出しております。為替レートによって変動があります

ILAC Vancouver & Toronto

ILAC
ILACもバンクーバーとトロントにある語学学校です。バンクーバー校はダウンタウンにあり、Waterfront駅やBurrard駅が最寄りのメインキャンパスと、他にも複数のキャンパスがあります。トロント校も市街地に複数のキャンパスがあります。

ILACはバンクーバー校・トロント校共に、カナダの語学学校を代表する大規模校です。学生はなんと世界70か国以上から来ており、さまざまな国の人と出会えるのが魅力的です。

国内外ともに高く評価された、質の高い授業も特徴です。2020年には、トロントエリアで最も選ばれている学校に贈られる賞を受賞しました。またカナダ国内だけでなく、世界的に優秀な学校へ贈られるST Star awardを何度も受賞し、殿堂入りも果たしています。

短期留学でおすすめなのは、一般英語コースです。一般英語コースでは、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングをバランスよく鍛えます。ILACの一般英語の特徴は、これから英語を使って勉強したい人向けに設計されていることです。
ILAC
一般英語コースというと、日常会話レベルの英語を鍛える学校が一般的ですが、ILACではより高度な英語を学べます。そのため、海外での大学進学を考えている高校生や大学生が、お試しで短期留学するのに最適です。

社会人にはビジネス英語がおすすめです。ビジネス英語コースは職場で使う英語に特化し、交渉術やミーティングの方法、ビジネスに特化したライティングスキルなどが学べます。

一般英語コースとビジネス英語コースには、どちらも週30時間の集中英語コースと、週38時間のパワー英語コースがあります。

パワー英語コースは他の学校にはない授業数の多さが特徴で、スピーキングとリスニングを鍛える授業が多く設けられています。そのため、短期間で「使える英語」を学びたい方におすすめです。

1か月の授業料は一般英語コース・ビジネス英語コース共に以下の通りです。
  • 集中英語コース(週30時間):1,480ドル(約114,000円)
  • パワー英語コース(週38時間):1,680‬ドル(約130,000円)
  • その他:入学金160ドル(約12,000円)、テキスト代、健康保険代など
※日本円は2020年5月現在のレート(1ドル77円)を参考に算出しております。為替レートによって変動があります。


まとめ

留学費用を抑えつつ、分かりやすい英語を学べるカナダは、短期留学先として最適な国です。特に今回紹介した2校は、カナダの中でも屈指の大規模校で、多くの学生に英語を教えてきた実績があります。

カナダで短期留学する場合は、短期だからこそ学校の質にこだわり、最大限英語力を伸ばしましょう。こちらで紹介した学校や留学費用を参考に、ぜひカナダ短期留学をご検討ください。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応