留学・海外留学なら留学ワールド

カナダ留学でホームステイを選ぶ際の注意点とコツを詳しく解説!

カナダ留学でホームステイを考えている方はいませんか。カナダは古くから移民を多く受け入れてきた国なので、ホームステイがおすすめです。とはいえ、具体的に何が良いのかはわかりにくいですよね。

そこで今回は、カナダにおけるホームステイの評判およびメリット、ホームステイ先の食事や気をつけるべきマナー、ホームステイ先の探し方、かかる費用などについて詳しく解説しています。ホームステイ生活を充実したものにするためのポイントも合わせてご紹介した内容になっています。留学を検討中の方は、ぜひご一読ください。


留学してみたいと思ったら・・まずは相談してみよう!

カナダ留学の評判

まずはカナダ留学の評判を3つにわけてご紹介します。

いろんな国籍の人との出会いの宝庫

カナダ留学_評判
カナダはその歴史から、多くの移民を受け入れてきた国です。したがって、カナダ人は外国人に対して非常にフレンドリーな人が多いです。それゆえに世界中から留学生が集まってきており、学校でさまざまな国籍の人と知り合いになれますよ。ホームステイ先は、複数の生徒を受け入れているのが標準なので滞在先でも家族以外のルームメイトと友達になれます。

自然が豊かで日本では味わえない楽しい事がたくさん

カナダは広大な土地のため、日本では味わえない大自然が楽しめます。また、冬の寒いイメージが強いと思いますが、日本と同じように四季があります。バンクーバーがある西部では、冬でもめったに雪が降ることはありません。春になれば桜が見られますし、秋は紅葉が有名です。シーズンごとに違った顔を見せてくれるのがカナダです。

住み心地が良い

カナダは世界屈指の住みやすい国として知られています。治安の良さやインフラの整備率、環境面からもとても高い評価を得ており、1度カナダでの生活を体験すると誰もが住み心地の良さを退官するでしょう。

カナダのホームステイで得られるメリット

続いては、滞在方法としてホームステイを選択した時に得られるメリットをご紹介します。

  • 英語を使う環境が当然の生活ができる

    カナダ留学_ホームステイ_メリット
    ホームステイ先では、家族とのコミュニケーションがあります。ネイティブとの生活ですので、当然に英語を使う環境です。学校では習わない、よりリアルな英語を学ぶ機会となります。そのため本気で英語を学ぶ姿勢が求められます。意思の疎通ができないとストレスにもなるので、自然と英語を身につけようと努力できるでしょう。

  • 国独自の生活を体験できる

    食事や季節ごとのイベントなど、カナダ独自の生活を体験できるのがホームステイの強みです。例えば、日常的に近所の人との交流があります。生活を通じて異文化に触れられます。これはルームシェアや寮生活ではなかなか体験できない部分です。

  • ホームステイ先の人と仲良くなれる

    ホームステイを通じて、本当の家族のようになることも可能です。留学が終わっても連絡を取ったり、中には日本を訪れるほど親密になれる家族との出会いがあります。ホームステイ先の家族や同じように滞在してる生徒とは、積極的にコミュニケーションを取りましょう。貴重な出会いがあるのが魅力ですので、自分の行動次第で非常に有意義な生活を送れるようになりますよ。

カナダのホームステイ先のご飯はどんなの?

気になるホームステイ先の食事について、ご紹介しますね。

基本的にホームステイ先の家庭それぞれ違う

カナダ留学_ホームステイ先_ご飯
一般的にホームステイでは、毎日3食付きのシステムを取っています。余程のことがない限り、自炊をしなければいけないようなシチュエーションはありません。和食は世界的にも大変人気のあるメニューなので、異文化交流として日本食を作るのはおすすめです。

日本食は期待しない

当然ですが、日本食が出てくることは滅多にありません。ホストファミリーがネイティブのカナダ人でない(アジア系の移民など)場合は、日本食が出ることもあります。
しかし基本的には、
朝食:シリアルやトーストに、卵とハムなどのシンプルな朝食
昼食:サンドイッチとフルーツを学校に持参するのがポピュラー
夕食:3食の中では最も豪華。チキンやビーフなど肉料理がメイン
のようなメニューが一般的です。
日本のように数種類ものおかずを食べる文化はありません。メインディッシュと副菜が1つある程度が通常です。家族によっては、仲が良くなればメニューのリクエストを聞いてくれたりしますので一概には言えません。その場合、日本食を食べられる機会はほぼありません。

同じご飯が続けて出される事もある

例えば2~3日同じメニューが続くこともあります。日本とは違う異文化として受け入れるしかありません。量に関しては、日本よりも多い傾向がありますので、食べきれない場合は必ずはっきりと伝えるようにします。また、苦手なものやアレルギーがある場合も、事前に明確に伝えてください。レストランではないので、同じ家族の一員としてコミュニケーションを取るように心がけましょう。

カナダのホームステイで気を付けるべきマナー

カナダ留学_ホームステイ_マナー
ホームステイ先では、家庭ごとに独自のルールを定めていることがあります。
ここでは一般的に多くのホストファミリーで見受けられる、気を付けるべきマナーをご紹介します。

シャワーは基本的に決められた時間で済ます
まず欧米では湯船に浸かることはなく、シャワーだけで済ませる家庭がほとんどです。また多くのホストファミリーで、シャワーを使う時間を決めています。必ず家のルールを守り、余計なトラブルを生まないように気をつけましょう。特にタンク式を採用している家庭の場合は、1日に使用できるお湯の量が決まっているので、節水に心がけるよう注意してください。
洗濯は決められたタイミングに出す
日本ではほぼ毎日のように洗濯をしますが、カナダでは週に2~3回という家庭が多いです。毎日洗うわけではないので、同じバスタオルを数日間使い続けるのが一般的です。
その他に日本と異なる点は、
  • 洗濯後は外干しをせずに、乾燥機を使用(もしくは部屋干し)
  • 洗濯機を使う時間帯および曜日が決まっている
などです。
食事の有無などはきちんと報告する
例えば、夕食を友人と外で済ませるときなどは必ず連絡するようにしましょう。ホストファミリーは基本的に毎晩、夕食の準備をしてくれています。したがって食事の有無について連絡するのは最低限のマナーです。ホームステイ先はホテルではありません。コミュニケーションの1つ1つが大切です。
滞在するホームステイ先の探し方と心得をご紹介します。

留学エージェントに依頼する
カナダ留学_ホームステイ_心得
エージェントに斡旋してもらう方法があります。
基本的にエージェントは、
  • ペットを飼っているか
  • 子供がいるかどうか
  • 喫煙者がいるかどうか
などの要望や条件で絞って探してくれます。

しかし、あくまでもリクエストなので、必ずしも希望通りのファミリーが見つかる保証はありません。また手数料もかかるケースがほとんどです。
ホームステイ先が決まるのはギリギリが多い
基本的に滞在先が決まるのは、カナダ渡航直前になることが多いです。毎週のように空きのあるホームステイは変動しており、ギリギリになって予定が変わることもしばしばあります。滞在中の留学生が帰国を延長したり、ホストファミリーの仕事の関係などで、直前まで確定しないことが多いです。
ホームステイ先のお土産は形に残らないお菓子がベスト
ホームステイ先へのお土産は、形に残らないお菓子などの食べ物がベストです。お土産と聞くと、和風のモノや日本の伝統的なモノが良いんじゃないかと思うかもしれません。しかしホストファミリーは常に生徒を受け入れており、中には過去に何度も日本人留学生と過ごした経験を持っています。形に残るものをあえて選ぶ必要はありません。日本のお菓子なら、質も高く、みんなでシェアして楽しむことができるのでおすすめです。

カナダのホームステイにかかる費用

続いては、気になる費用に関してご紹介します。

1か月3食付きで650〜800ドルがだいたいの相場

カナダ留学_ホームステイ_費用
基本的に650~800ドルが相場です。したがっって700ドル前後の設定をしている家がほとんどでしょう。家賃が高いからと言って、家のランクが良いとは限りません。800ドル以上だと1人暮らしも現実的に可能なので、少し高額と判断できます。通学時間や、その他の費用との兼ね合いで決めてください。

ホームステイ先から語学学校までの交通費

カナダ留学では、バスや電車などの公共交通機関を使用して通学スタイルが一般的です。もちろん学校までの距離によって金額は異なります。およそ1か月あたり、1万円かからない程度で済むケースがほとんどです。

一部の消耗品

ホームステイ先で使用する消耗品に関しては、自分の分は自分で用意します。例えば、シャンプー、せっけん、洗剤、柔軟剤、歯磨き粉などの日用品です。また家にドライヤーを置いていないこともありますので、特に女性の場合は日本から海外対応のものを持参するのもおすすめです。

ホームステイを依頼する時の手数料

ホームステイを自力で探す場合以外には、初期費用として手配手数料がかかります。手数料の相場は、150~200ドルの間です。

ホームステイ先で充実した時間を過ごすポイント

その他にホームステイ生活を充実したものにするためのポイントを3つご紹介します。

  • 受け身にならず自ら歩み寄り積極的に行動する

    カナダ留学_ホームステイ_ポイント
    ホストファミリーとは、自分から積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。海外生活を充実させるには、受け身にならずに何事にもチャレンジする姿勢を忘れないことです。

  • 想像を膨らませすぎず期待も過剰にしない

    ホストファミリーの中には、ビジネスで生徒を受け入れている家庭も多いです。時には、自分の思い描いていた生活とは違うこともあります。もちろん中には生徒との交流に積極的で、いわゆる「当たり」のファミリーもいます。しかし人それぞれ価値観が違いますし、そもそも現地に行ってみないと分かりません。
    あまりに期待をしすぎるとギャップにより落胆することもありますので、気をつけてください。

  • 嫌な思い出にならない為にも迅速な対応を心掛ける

    トラブルや嫌なことがあったら、必ず早めに対処するように心掛けます。ホストファミリーとはその都度、相談したり話し合いをしたりすることで信頼関係も築けます。我慢しているとストレスがたまり、せっかくの海外生活が嫌な思い出になりかねません。家族に直接言いにくい場合は、学校のカウンセラーや留学エージェントの単横者に相談するなど、なるべく早めに対処するようにしてくださいね。


留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応