留学・海外留学なら留学ワールド

オーストラリア バリスタ留学

オーストラリア バリスタ留学
コーヒー文化の国で美味しい一杯を
コーヒーとカフェが大好きなオーストラリアには、コーヒー作りの専門学校が数多くあり、語学学校もその興味や需要に応えて特別にコースを設計しています。思ったよりも短期間で修了証がもらえたりもするので、コーヒーの勉強だけという計画でなくても、語学学校に通いながらの勉強もできます。

資格を持ったり経験を積んだりすると現地での仕事探しにも役立つため、ワーキングホリデーでオーストラリア行く人にもバリスタのコースはおすすめです。


バリスタコースの内容

バリスタコースでは、コーヒーの淹れ方はもちろん、コーヒーの歴史や接客で使うカスタマーサービス英語などを学びます。基本的に授業は英語で行われることと、カスタマーサービス英語という特殊な英語も学ぶため、ある程度の英語力をつけてからの受講がおすすめです。

授業内容例
カフェのイメージ
  • コーヒーの種類
  • 各種コーヒーの淹れ方
  • 器具の使い方・メンテナンス方法(エスプレッソマシン、スチーマー、グラインダーなど)
  • コーヒーを入れる実習
  • ラテアート
  • コーヒーの歴史
  • 接客方法・接客英語
  • ロールプレイング(カフェを想定して接客・コーヒーづくりを実践)

バリスタの資格について

バリスタコースでは、コースを受講したという証明書(Certificate)を取得します。証明書(Certificate)については、政府公認の証明書と各学校が発行している証明書があります。

実際のところ、カフェでアルバイトをする場合、重視されるのは資格よりも自身の技術や人柄、経験、また英語力などです。しかし、資格はバリスタの知識があるということの証明にはなります。バリスタの証明書はコースによっては短期間/数時間で取れてしまうものだけに、その効力はさほど強くはありませんが、バリスタとして働きたい方にとって証明書を取得は、現地での就職の第一歩に繋がるでしょう。

バリスタコースのある学校

オーストラリア国内には、バリスタの証明書(Certificate)が取得できる学校が多数あります。短時間で証明書を取得できるものや、数ヶ月に渡りしっかり技術を身に付けるものまで、コースの種類はさまざまです。「どの学校のコースで学べば良いのか分からない!」という方は、お気軽に留学ワールドまでお問合わせ下さい。

シドニーの学校一覧

メルボルンの学校一覧

  • impact english college
  • Australian Barista Academy
  • Australian Barista School
  • Coffee School
  • Barista Basics
  • Hospitality Training Australia
  • INUS Australia Education & Training
  • INUS Australia Education & Training
  • Lonsdale Institute
  • Academies Australasia Polytechnic (AAPOLY)
  • Genovese

ブリスベンの学校一覧

  • ILSC Brisbane
  • Australian Barista School
  • Coffee School
  • Barista Basics
  • Browns English Language School

パースの学校一覧

  • Australian Barista Academy
  • Coffee School
  • Barista School Perth

ケアンズの学校一覧

  • Cairns Language Centre

アデレードの学校一覧

  • HG Coffee School
  • La Crema Coffee

バリスタとは?

コーヒー豆 バリスタ(Barista)とはイタリア語でバール(bar)でサービスをする人のことを言います。(バール:barでサービスをする人:~ista)バールのカウンターに立ち、エスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れるお仕事で、豊富な経験、また確かな技術で味を守り続けるのがバリスタです。
バリスタは単にエスプレッソを淹れるだけではなく、お客様への良質なサービスができてこそ、一流と言われています。接客のプロであり、お客様の好みに合わせて気持ちを込めてコーヒーを淹れるプロのことをバリスタと呼ぶのです。

オーストラリアのコーヒーの歴史

コーヒーのファーム カフェの街として知られるオーストラリア。地元のカフェの人気が根強く、大手スターバックスでさえ店舗を拡大できなかったこの国では、どのようにコーヒー・カフェ文化が広がったのでしょうか。

もともと、オーストラリアはイギリスの文化圏なので、紅茶文化の国でした。しかし、イタリア人をはじめとする欧州移民の影響により食生活が変化し、1980年代後半からエスプレッソ系の飲み物が受け入れられ始めました。その為、オーストラリアのコーヒーはイタリア式のコーヒーがルーツとなっています。
その後、1990年代後半から2000年代初期にかけて、法律の改正によりコーヒー文化は大きく前進しました。当時のニューサウスウェールズ州の首相が、2000年に開催されるシドニーオリンピックに向け、飲食店の屋外席の設置を許可。これにより、コーヒーを楽しむ文化がオーストラリア国内に広がったのです。そして2003年、シドニー出身のバリスタが、世界大会で最年少優勝を成し遂げました。
当初はシドニーがオーストラリアのコーヒー文化をリードしていましたが、現在は街の構造がカフェに適していたメルボルンがオーストラリアのコーヒー文化をリードしています。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応