留学・海外留学なら留学ワールド

オーストラリア留学半年間の費用は?できることや現地の学校も紹介

オーストラリア留学半年間の費用は?できることや現地の学校も紹介
「オーストラリアに留学してみたいけれど、半年の留学だったら何ができるのだろう?」と考えている人も多いでしょう。半年間のオーストラリア留学では、語学留学のイメージが強いかもしれませんが、実は、語学以外にも学べることがあります。
この記事では、半年間のオーストラリアで習得できることや留学費用などをご紹介します。
また、オーストラリアでおすすめの語学学校もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

半年間のオーストラリア留学でなにが習得できる?

半年間のオーストラリア留学で何が習得できる?
半年間のオーストラリア留学でも、様々なことが習得できます。

まず、英語力を向上させることは半年の留学でも可能です。

例えば、TOEICのスコアで言えば、半年間の留学で100~200程度の得点アップも充分に期待できるでしょう。特にリスニングは、半年間で様々な人と交流をすることで、大きく向上させることが望めます。

もちろんTOEICに限らず、スピーキングやライティングなど、いわゆる4技能の向上は一定レベルまで期待ができるでしょう。

またTESOL・TECSOL・J-shineといった、英語を母国語にしない人を対象とした英語指導者資格も、半年間で十分に取得することが可能です。

いずれも英語指導者資格ですが、TESOLは教える対象が12歳以上、TECSOLは教える対象が4歳~12歳、J-shineは日本の小学生を中心とした4~12歳が対象と違いがあります。

さらに、オーストラリアへの留学では、バリスタ留学もできます。バリスタ留学とは、バリスタの経験や技術を学ぶための留学です。

オーストラリアは世界でも有名なカフェ文化を持つ国であり、コーヒーを楽しむことは生活の一部となっています。

そんなオーストラリアでバリスタ技術を学ぶことで、英語を学びつつバリスタとしての良いスタートを切ることができるでしょう。

半年間のオーストラリア留学の費用は約140~250万円

半年間のオーストラリア留学にかかる費用は、約140~250万円程度であると言えます。

半年間でもかなりのまとまった費用であり、一般的に見てもそう簡単に用意できる額ではありません。そこで無理のない範囲で、留学費を抑えていくことが大切です。

たとえば、留学エージェントなどが各語学学校の協力のもとで提供するプロモーションやキャンペーンを活用できます。1週間以上の留学から利用可能なものや期間限定のものなど、様々なプロモーション・キャンペーンがあり、状況に応じて検討すると良いでしょう。

また、日常生活でも無理のない範囲で工夫できることもあります。オーストラリアは物価が高いため、食品などはスーパーやマーケットを活用してなるべく安く量が多いものを買うと節約につながります。特に、お米やパンは比較的安く売っていることが多いです。

また、都市によっては、交通費の相場が異なります。交通機関を無料で利用できる地域・都市は複数あるので、こうした場合は活用しましょう

さらに、アルバイトで生活費をまかなうことも可能です。

半年の留学であれば申請が必要になる学生ビザならば、オーストラリア国内でアルバイト可能です。飲食店などでは無料のまかないが出ることも多いため、食費の節約にもつながるかもしれません。

オーストラリアへの半年留学の場合の宿泊方法は主に2つ

オーストラリアへの半年留学の場合の宿泊方法は主に2つ
半年間のオーストラリア留学の場合、宿泊方法は基本的にホームステイかハウスシェアが一般的です。ホームステイとは現地のホストファミリーの家にお世話となり、ホストファミリーの一員として過ごす宿泊方法です。

ホームステイを選択するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 友達ができやすい
  • 英語の習得速度アップが望める
  • オーストラリア文化に直接触れる機会が増える
  • 日常的に家庭料理が食べられる
  • 留学中の安心感を得られる

オーストラリアの一般家庭で生活することによって、リアルな文化や会話に触れる機会が増えるでしょう。また、ホストファミリーのつながりで友達が増えることや、ホストファミリーがそばにいることで、安心感があることも大きなメリットです。

もう1つの方法は、一軒家やフラットを数人共同で借りて住むハウスシェアです。

ハウスシェアを選択するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 宿泊費用を安く済ませられる
  • 様々な国籍・バックボーンをもったルームメイトと知り合える
  • 一人で住むよりも万一の際の安心感がある
  • 英語力アップがしやすい

やはり費用を抑えることができる点は大きな利点です。また、ハウスシェアをすることで様々な文化の友人ができやすい点も、大きなメリットと言えるでしょう。

その他にも、学生寮に住むことや民泊することなど、様々な宿泊方法が考えられます。近年ではAirbnb(エアビー)といって、現地の人たちが自宅を宿泊施設として提供するインターネット上のサービスもあり、検討してみても良いかもしれません。

オーストラリアのおすすめの語学学校は「Ability English Sydney」

Ability
オーストラリアでおすすめできる語学学校は、シドニーの中心であるセントラル駅から徒歩5分にある「Ability English Sydney」です。

「Ability English Sydney」の特徴は大きく4つあります。
1.午前クラスのプログラムは追加料金なしでコース変更が自由にできる
2.チャイルドケアコースで高い評価を受ける専門学校MEGTに併設された語学学校
3.ジョブセミナーやトリップセミナーなどアクティビティが充実
4.日本人スタッフも在席

各コースの10週の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • テスト対策コース:$3,800(約270,000円)
  • 進学英語(EAP)コース:$3,800(約270,000円)
  • その他:入学金、教材費など
※日本円は2020年5月のレート(1オーストラリアドル=71円)を参考にしています

バリスタ留学でおすすめの学校は「SELC English Language Centres Bondai」

SELC
バリスタ留学でおすすめの学校は、ボンダイジャンクションから徒歩5分にある「SELC English Language Centres Bondai」です。

コーヒーの淹れ方だけでなく顧客対応や苦情処理対応などカフェで働くために必要なことをトータルで学ぶことができます。

「SELC English Language Centres Bondai」の特徴は大きく4つあります。

1.オーストラリアで有名なボンダイビーチが近くにある
2.バリスタスキルと顧客サービス英語を学べる
3.合格率が高いケンブリッジ検定コースがある
4.一般英語からフィットネス資格まで幅広い分野が学べる

各コースの半年の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • 一般英語(フルタイム)・IELTS対策(フルタイム)・接客コミュニケーション英語(バリスタ):$9,630ドル(約700,000円)
  • その他:入学金、教材費など
※日本円は2020年5月のレート(1オーストラリアドル=71円)を参考にしています

他にもある!半年間のオーストラリア留学でおすすめできる学校

オーストラリア留学ではまだまだおすすめできる学校がたくさんあるため、さらに3校に厳選してご紹介します。

Langports Sydney

Langports Sydney
Langports Sydneyは、シドニー中心部から徒歩10分にある、ダーリングハーバー近くに校舎を構える学校です。

「Langports Sydney」の特徴は大きく3つあります。
1.生徒個人の英語力に応じた細かなクラス分けにより、弱点克服に期待が持てる
2.教師の質が高く、全員が2年以上の経験とTESOLの資格を持つ
3.ブリスベンとゴールドコースト、そしてシドニーの3都市に学校を持つ)

各コースの半年の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • 一般英語コース(UFO English(フルタイム)) $9,490(約700,000円)
  • その他:入学金、教材費など
※日本円は2020年5月のレート(1オーストラリアドル=71円)を参考にしています

Eurocentres Sydney

Eurocentres Sydney
Eurocentres Sydneyは、シドニー市内中心部のシドニーシティ駅やウィンヤード駅近くにある学校です。

「Eurocentres Sydney」の特徴は大きく5つあります。
1.オーストラリアではシドニー、メルボルン、パース、ブリスベン、ケアンズにある
2.シドニー校は少人数でとてもアットホームな雰囲気
3.シドニー校は2016年に本格的開始されたばかりで新しい
4.夜間コースもあり
5.生徒の日本人比率が低い

各コースの半年の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • モーニングコース(一般英語):9,100ドル(約650,000円)
  • モーニングコース(IELTS試験対策):9,100ドル(約650,000円)
  • イブニングコース:6,500ドル(約460,000円)
※日本円は2020年5月のレート(1オーストラリアドル=71円)を参考にしています

La Lingua Language School

La Lingua Language School
La Lingua Language Schoolはシドニーの中心街に位置し、ミュージアム駅から徒歩2、3分の立地です。日本人が苦手とする会話力の成長に力を入れた学校です。

「La Lingua Language School」の特徴は大きく4つあります。
1.テキストをほとんど使用しない会話集中コースなど独自のコースがある
2.生徒同士やスタッフ、先生との交流も非常に活発
3.スペイン語・イタリア語・フランス語など他言語のレッスンもある
4.生徒は日本人や韓国人の比率が高い

各コースの半年の費用は以下の通りです。その他の費用、特に入学金に関しては、他の学校とあまり差がありません。
  • 一般英語コース(一般英語 会話中心):10,270ドル(約730,000円)
  • 一般英語コース(一般英語 4技能総合):10,270ドル(約730,000円)
  • その他:入学金、教材費など
※日本円は2020年5月のレート(1オーストラリアドル=71円)を参考にしています。

まとめ

オーストラリアに半年間留学するだけでも、英語4技能や英語指導者資格、バリスタスキルなど様々なことを習得することができます。
半年の留学にかかる費用は時に200万円程度にもなるため、キャンペーンなどを活用し、現地での生活費を節約することで留学費を抑える工夫が大切です。
オーストラリアには魅力的な語学学校がたくさんありますから、ご自身の希望や目的に合わせて、最適な学校を選ぶようにしましょう。

留学のご相談はこちら

毎日10:00~19:00
メール受付は24時間対応